教員向け

学級経営

学級通信を配るだけではダメ!学級通信を活用した学級経営を紹介

学級通信を書いたけど伝わっているか不安ではありませんか?学級通信を配るだけでは子どもたちに思いは伝わりません。本記事では「学級通信を活用した学級経営」を中心に、子どもに伝わる学級通信について深掘りします。
学級経営

学級通信のタイトルの決め方からネタ探しのポイントを紹介

学級通信を軸にした学級経営に興味はありませんか?年間100号書いていた筆者の経験をもとに、「学級通信のコツ」について解説していきます。通信を書こうか迷っている方や、学級通信のタイトル・ネタに迷った方は参考にしてください。
仕事術

教員の夏休みの過ごし方が働き方を改革!2学期の残業を減らす仕事術

教員の働き方改革に注目が集まっている中、教員自身が実践できる働き方改革もあります。教員自身が夏休みの仕事を有意義なものにすることで、残業を減らすことが可能です。本記事では、2学期以降の残業を減らすための「先生の夏休みの働き方」を紹介しています。
学級経営

関係を持ち続けることが大切!暴言を吐く子供との関わり方

暴言を吐く子供との関わり方に頭を悩ませんていませんか?それはもしかすると子どもからのヘルプサインかもしれません。本記事では「暴言を吐く子供との向き合い方」を中心に、暴言との向き合い方を解説しています
学級経営

子どもが話を聞かないのは話し手の問題【最小限のボリュームでOK】

教員は大きな声で話さなければならない、と思っていませんか。教員ならば「大きな声で話す」「長い時間話す」「面白く話す」これらはすべてしてはいけません。本記事では、子どもたちに伝わる話し方のコツを中心とした記事となります。
仕事術

教員の働き方改革は学校だけではできない!「外部の力」を借りた教員の働き方改革を実践しましょう

教員の働き方改革がなかなか進まないと感じませんか。学校の働き方をアップデートするのは学校ではなく「外部」です。本記事では「外部の力」を意識して教員の働き方改革をすすめる方法について深掘りしています。
学校

「学校へのスマホ持ち込み禁止」が見直されます!小学校や中学校でもスマホの持ち込みが許可される時代に

学校へのスマホ持ち込みが再検討されているのは知っていますか?スマホ普及率が上がってきた今、学校へのスマホ持ち込みを許可する動きが強まっています。本記事では、「学校へのスマホ持ち込み」について解説しています。
仕事術

IT環境の整備なくして教員の働き方改革は進まない!学校をIT化することで教員の残業を減らしましょう

日本の学校はIT環境が整っておらず、教員の多忙化につながっています。本記事では「IT×教員の働き方改革」を中心に学校のIT環境と教員の働き方についてご紹介します。IT環境の整備で教員の残業の改善や働き方は大きく変わります。
授業

授業のUD化で多くの子どもが救われる!ユニバーサルデザインを利用したインクルーシブな授業づくり

いくら頑張っても授業についていけない子どもはいませんか?本記事では、授業のユニバーサルデザイン化を行うことでインクルーシブな授業づくりを提案しています。みんなが安心して受けることの出来る、わかりやすい授業づくりを目指しましょう。
仕事術

教員の多忙化の原因は教員にあった!終身雇用をやめるべき理由とメリット

教員の多忙化が叫ばれる日本。多忙化の原因は終身雇用制度にありました。本記事では教員の質向上と多忙化解消に向けて、終身雇用制度を廃止するメリットを紹介しています。すべての先生が充実した教員生活を送るために、制度改革が必要です。
学級経営

かんさい情報ネット ten.の炎上を受けて教員が考えるべきこと【LGBTなど多様性を受け入れる心】

ten.の番組内容が人権侵害だと炎上しています。今回の炎上は、学校現場で良い教材として取り扱うことができます。多様性を受け入れる心を養うために、本記事を参考に、子どもと議論していきましょう。
授業

授業導入のネタに困ったら!子どもを前向きにする授業のネタづくり

授業導入のネタづくりに困っていませんか?雰囲気づくりに重要な役割をもつ授業導入時の小ネタ。本記事ではネタづくりのためのアイディアから実践まで、子どもの興味を引くようなネタを紹介しています。授業の質をワンランク上げるために、ぜひ本記事を参考にしてください。
教員向け

教育実習で失敗しないための5つのポイント【有意義な実習期間にするために意識しましょう!】

教育実習に行く前は不安と緊張と期待でいっぱいです。「教育実習期間が始まって欲しくない」と感じる日もあるのではないでしょうか。本記事では【教育実習で失敗しないための5つのポイント】を解説しています。本記事のポイントを意識して、「行ってよかった!」と思える教育実習にしていきましょう。