教育オンラインサロン「教育アップデート研究所」

英語のコアイメージを理解して、英語の暗記量をレベルアップするための方法3ステップ【英単語イメージの理解】

本棚コアイメージ
スポンサーリンク

f:id:nakahiyo:20190429184707j:plain

こんにちは、ババロアです。

 

当記事では、英語の暗記勉強から脱却したい人向けの記事をまとめました。

英語のコアイメージを理解することで、ネイティブの英語感覚に近づき、英語の暗記勉強を限りなく減らすことが可能です。

 

「英語の勉強を始めたけれど暗記したくない!」という方や、「英語の勉強法を見直したい」という方、「英語力をアップさせたい!」という方まで幅広い方々に読んでいただきたい記事をまとめています。

 

STEP1:英語を暗記するよりも、イメージを知りましょう

f:id:nakahiyo:20190429184112j:plain

暗記勉強を脱却するためには「イメージ」を知らなければなりません。

コアイメージという言葉を理解したあとに、具体的な英単語を見ていきましょう。

まずはこの記事から

www.babaloa.work

「英語のイメージとはなにか」を解説した記事です。英語の暗記勉強を脱却する際に知っておかなければならない「英語のイメージ」という言葉。まずはこの記事を読んで基本を理解しましょう!

 

 

STEP2:「英語のイメージを使う」ことを体感してみよう

f:id:nakahiyo:20190429184238j:plain

コアイメージという言葉を理解したら、イメージの効果を体感してみましょう。

日本語訳を覚えていなくても、イメージだけで英文が読めることを実感してください。

英語のイメージを体感

www.babaloa.work

英会話や英文読解の中でも度々使われる “to” と “for” のイメージを解説した記事です。この記事では、実際に使い分けを行っていく中でイメージを意識しているネイティブの感覚が体感できます。この記事を読むことで暗記勉強からの脱却が理解できるはずです!

 

STEP3:様々な英単語のイメージに触れましょう

f:id:nakahiyo:20190429184336j:plain

STEP1.2で英語のイメージを覚える便利さが理解できたら、実践編に移ります。

具体的な英単語のイメージの量を増やして、ネイティブに近い感覚を身に着けていきましょう。

「見る」の使い分け

www.babaloa.work

「見る」を表す英単語の使い分けを解説した記事です。

 

「持つ」の使い分け

www.babaloa.work

「持つ」を表す英単語の使い分けを解説した記事です。

 

「食べる」の使い分け

www.babaloa.work

「食べる」を表す英単語の使い分けを解説した記事です。

 

「話す」の使い分け

www.babaloa.work

「話す」を表す英単語の使い分けを解説した記事です。

 

「聞く」の使い分け

www.babaloa.work

「聞く」を表す英単語の使い分けを解説した記事です。

 

「学ぶ」の使い分け

www.babaloa.work

「学ぶ」を表す英単語の使い分けを解説した記事です。

 

コメント