教育オンラインサロン「教育アップデート研究所」

英検合格のコツは「英検」を知ることです【これからの時代、英語の資格が大きな助けとなります】

プロジェクト勉強法
スポンサーリンク

f:id:nakahiyo:20190428141836j:plain

英検の申し込みをしたけど、どうやって勉強すればいいんだろう。合格率やテストの内容も分からないし。。。

 

こんにちは、ババロアです。

本記事では毎年多くの方が受験する「英検(実用英語技能検定)」について詳しく説明していきたいと思います。

 

この記事について
・英検の受験を考えている方向けの記事です。
・英検の特徴と勉強法について知ることができます。

 

 

「英検」について知ることが大切です

f:id:nakahiyo:20190430171108j:plain

年間300万人以上が受験する「英検(実用英語技能検定)」

学校によっては入試優遇や単位認定があったりと、様々な場面で活用することができます。

小学生から社会人まで、幅広い年代から受験されている英検ですが、合格するためには試験について知る必要があります。

≫英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会 

1年間で実施される英検の試験回数

英検は毎年3回実施されています。

実施時期

第一回・・・6月初旬

第二回・・・10月初旬

第三回・・・1月下旬

上のように年間で3回の実施となります。

全ての受験者が同じ日に受験するのではなく、申し込みをした場所が本会場か準会場化によって受験日が異なります。

受験日

本会場・・・日曜日

準会場(中学/高校)・・・金曜日

準会場(中学/高校以外)・・・土曜日または日曜日

申し込み会場によって受験日が異なるため、各申し込み場所にて確認が必要です。

欠席による再試験や受験料の返金もないため、申し込みをした場合は必ず予定を空けるようにしましょう!

受験級の目安と試験内容を知り、自分に合った級を受験しましょう

英検HPに載せられている、各級の目安を確認してみましょう。

f:id:nakahiyo:20190430154233p:plain

上の表は5級から3級についての説明です。

推奨目安に書かれている、「中学初級程度~中学卒業程度」という表記がかなりざっくりしているため、下の一覧を参考にしてください。

受験目安

5級・・・中学1年生レベル

4級・・・中学2年生レベル

3級・・・中学3年生レベル

上記のように各級のレベルを考えてください。

 

各級共通して筆記試験とリスニングテストがあります。

解答方法は4択の選択問題となり、筆記試験の後にリスニングテストを実施します。

 

共通して実施されないものとして、5級・4級のスピーキングテストがあります。

表の右端には、「スピーキングテストも受験可能」 と書かれていますが、受験しなくても合格として扱われます。

 

また、3級になると1次試験(筆記試験・リスニングテスト)合格後に2次試験(面接)があります(別日程)。

1次試験に合格しなければ受験することができませんが、2次試験対策は1次試験が合格してからで十分間に合うので、まずは1次試験合格を目指しましょう。

 

次に準2級以上についてみてみましょう。

f:id:nakahiyo:20190430155641p:plain

上の表が準2級以上の説明になります。

こちらも受験級の目安が分かりにくいため、下の説明を参考にしてください。

受験目安

準2級・・・高校1~2年生レベル

2級・・・高校3年レベル

準1級・・・大学中級レベル

1級・・・大学上級レベル

3級同様に、1次試験で筆記&リスニングに合格し、その後面接とういう流れになります。

高校卒業時には2級を目指したいところですが、準1級以上のレベルになるとかなりの英語力が必要になります。

 

1つでも上の級で合格できるよう頑張っていきましょう!

過去問を解き、受験級の再確認

先ほど説明した各級の目安を参考にするだけでなく、是非一度過去問を解いてみてください。

過去問を解くことにより、より自分に合った受験級を選ぶことが可能です。

過去問については英検HPで公開されているため、申し込みをする前に解いてみることをおススメします。

 

≫5級過去問  ≫4級過去問  ≫3級過去問  ≫準2級過去問  ≫2級過去問  ≫準1級過去問  ≫1級過去問

 

各級3回分過去問が掲載されていますので、3回分解くのが良いでしょう。

正答率6~7割を基準にして受験する級を決めると、自分に合った級と言えます。

今後の英語力の伸びに期待するのも大切ですが、過去問の正答率2~3割で受験するのはかなり危険です。

 

検定料について

下の検定料一覧をご確認ください。

 

f:id:nakahiyo:20190430161350p:plain

同じ英検ですが、受験する会場によって検定料が異なります。

準会場の方が安く設定されているものの。、準1級以上の受験は出来ませんので注意してください。

 

英検の合格基準について

 

f:id:nakahiyo:20190430161820p:plain

合格基準については上のように発表されていますが、これもかなり分かりにくい表となっています。

 

実際はテストごとに合格点数が変動するのですが、約6割~7割で考えてもらえれば大丈夫です。

 

英検の勉強法

f:id:nakahiyo:20190430171152j:plain

英検は出題される問題がパターン化されています。

しっかりと英検に向けた対策をすることで合格は一気に近づきます。

 

英語の暗記勉強を脱却したい方は下記の記事を参考にしてください。

≫英語のコアイメージを理解して、暗記勉強法から脱却するための3ステップ【英単語コアイメージの理解】

英単語を知っているかどうかが合格の鍵

受験者が一番点数を落とすのが「英単語」です。

知らない英単語が出題されると、いくら考えたところで正解することは難しいので、まず取り組むべき勉強は「英単語」です。

 

おススメテキスト

英検4級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検3級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)

単語の次は、問題の傾向を知りましょう

毎年、問題の傾向は大きく変化しないのが英検です。

傾向を知るだけならば、英検HPの過去問を解けば良いのですが、解説が載っていないため対策の勉強には向きません。

 

さらに時間がある場合は、過去問の載っている教材やネット教材を使ってしっかりと対策していくのがベストです!

各級の問題の傾向を把握し、本番のテストに備えましょう!

 

おすすめの過去問集とネット教材は下記を参照してください。

≫おすすめ過去問はこちら

≫おすすめネット教材はこちら

コメント