教育オンラインサロン「教育アップデート研究所」

不定詞と動名詞の使い分けはコレで絶対間違えない!【英語イメージ講座】

コアイメージ
スポンサーリンク

f:id:nakahiyo:20190324083139j:plain

中2と中3になると学習する「不定詞と動名詞」。

この2つの英文法は続けて学習することが多く、よく似ている英文法のため混乱してしまうことがあります。

不定詞と動名詞のそれぞれのイメージを理解してしっかりと使い分けできるようになりましょう。

 

この記事について
・不定詞と動名詞のコアイメージを理解できます。
・不定詞と動名詞の使い分けで迷わなくなります。

 

 

不定詞と動名詞

まず始めに不定詞と動名詞の英文法をおさらいしましょう。

不定詞

 

POINT

to + 動詞の原形

・名詞的用法「~すること」
・副詞的用法「~するために」
・形容詞的用法「~すべき/~ための」

 

 to+動詞の原形で3つの意味を表すことが可能なのがこの不定詞です。

 

不定詞の3つの用法の使い分けについてはこちらの記事をご覧ください。

 

www.babaloa.work

 

動名詞

POINT

一般動詞ing 「~すること」

不定詞とは異なり1つの用法しかありません。

日本語に直してみると不定詞の名詞的用法と同じ意味になりますが、根本のイメージが異なるため、不定詞と動名詞の使い分けには注意が必要です。

まずはそれぞれのコアイメージを理解していきましょう!

 

コアイメージを理解しよう

不定詞と動名詞の使い分けをマスターするためには、それぞれのコアイメージを頭に入れておく必要があります。 ここでは不定詞と動名詞のコアイメージを超シンプルに説明します。

 

※コアイメージについてはこちらの記事をご覧ください。

 

www.babaloa.work

 

不定詞のコアイメージ

不定詞のコアイメージは未来です。

 

シンプルすぎて驚きかもしれませんが覚えてほしいのはただこれだけ。

 

ネイティブが不定詞を使うときにイメージするのは未来へのイメージです。

 

 

動名詞のコアイメージ

不定詞と似ていると思われている動名詞ですが、コアイメージは対照的です。

 

動名詞のコアイメージは過去です。

 

動名詞を使うときにイメージすることは過去です。

 

意味は似ているけれどもコアイメージは対照的な不定詞と動名詞。イメージをしっかりと持ちながら2つの使い分けをマスターしていきましょう!

 

不定詞と動名詞の使い分け

不定詞にしかできない表現動名詞にしかできない表現を紹介していきたいと思います。

 

不定詞にしかできない表現

・want to ~「~したい」
・hope to ~「~することを望む」
・try to ~「~しようとする」

 

代表的な表現を3つ挙げました。

ここで不定詞のコアイメージを思い出してください。

不定詞は未来をイメージして使う表現です。この3つの例から未来をイメージすることはできます。

 

それぞれの不定詞の部分( to ~ )がまだ実行されていない動作ということが分かりますか?

 

たとえば want to~は「~したい」という意味ですが、この「~したい」という部分は、「(これから先に)~したい」と読み取ることができます。また他の2つに関しても同様で、まだ実行していない動作を表しています。

これは過去のイメージを持つ動名詞には表すことのできない、不定詞にしかできない未来の表現となります。

 

動名詞にしかできない表現

・finish ~ing「~し終える」
・stop ~ing「~するのを止める」
・give up ~ing「~するのをあきらめる」

 

ここでも動名詞が使われる代表的な表現を挙げています。

動名詞は過去のイメージです。不定詞であげた3つの例と異なっている点は「実行している動作に対して何かを行う」という点です。

たとえば finish reading という英文があった場合、「今までしていた reading という動作を finish する」という意味になります。これは未来のイメージをもつ不定詞では表せません。

 

”不定詞は未来・動名詞は過去”このイメージをしっかり持つことで簡単に使い分けすることができます!

 

いくつか例外も・・・

イメージでは対応できないパターンをいくつか紹介します。

多くはありませんので例外的に覚えておきましょう・。

 

不定詞と動名詞どちらもOK

1.「~するのが好き」
・like ~ing
・love ~ing
2.「~しはじめる」
・start ~ing
・begin ~ing

 

動名詞例外

・enjoy ~ing「~して楽しむ」

 

不定詞例外

・stop to~「~するために立ち止まる」
※不定詞の副詞的用法「~ために」

 

まとめ

不定詞(未来)と動名詞(過去)のコアイメージはつかめましたか?
この2つのコアイメージをしっかりと持っておくことで使い分けが簡単にできるようになります。
理解をさらに深めるために、それぞれのイメージを持ちながら今回の例文を何度か音読していきましょう!

コメント