教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

"hear" と "listen" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

 

f:id:nakahiyo:20190421081358j:plain

どこからか音楽が聞こえてくる。。こういう時は "hear" それとも "listen" ....?

 

"hear" "listen" 日本語にすると「聞く」という意味になるこの2つの動詞、きちんと使い分けていますか?

 

ネイティブの感覚で使うには、これらの動詞のイメージをしっかりと理解して使い分ける必要があります。

 

今回は "hear" と "listen" のイメージをみていきましょう!

 

この記事について
・"hear" と "listen" のイメージを理解することができます。
・"hear" と "listen" をネイティブの感覚で使えるようになります。

 

 

hearのイメージ

f:id:nakahiyo:20190421073857p:plain

"hear" のイメージは「(音を)耳にする」です。

 

I can hear music.

「音楽が聞こえます。」

"hear" は内容に関わらず、「音が耳に入ってくる」ことを第一に伝える表現です。

 

今回のイラストでは、遠くでラップをしている人の音(声)に気づいた状態ですので、"hear"を使うのが適切となります。

 

 

 

listenのイメージ

"listen" のイメージは「耳を傾ける」です。

 

f:id:nakahiyo:20190421074343p:plain

 

I am listening to his song.

「私は彼の歌を聞いています。」

"listen" は「音」を意識せずに聞いているのではなく「内容に耳を傾けている」または「意識的に耳を傾けている」状態を表します。

 

たとえば例文の "listen to his song" の場合、歌を聞くために自分から耳を傾け、歌を理解しようとしている状態と考えられます。

 

また、"listen" と一緒に使われる "to" のコアイメージは矢印です。

"listen to" と表現することで、耳を音の方向に向けている(耳を傾けている)イメージを持つことができますね!

 

※"to" のイメージの詳細は【暗記英語からの脱却】toとforのコアイメージ【もう覚えなくてもいいんです!】 - べんブロをご覧下さい。

   

ヒアリングテスト?リスニングテスト?

f:id:nakahiyo:20190421081439j:plain

使い分けがあいまいなヒアリングテストとリスニングテスト。

どちらも間違いではありませんが、全く別のテストになってしまいます。

 

ヒアリングテスト=聴覚検査

"hear" は「音を耳にする」イメージです。ということは、ヒアリングテストは「音が聞こえているかどうか」を確認するテストとなるので、「聴覚検査」を表します。

内容は関係ないですからね!聞こえてたらOK!

 

リスニングテスト=聞き取りテスト

"listen" は「内容」が聞こえているかどうかが大切です。「音が聞こえていればOK」の ヒアリングテストとは異なり、 「内容が聞きとれているかどうか」を確認するテストのため「聞きとりテスト」を表します。

入学試験や定期テストで使われるのはリスニングテストですね!

 

まとめ

 

それぞれのイメージは理解できましたか?

状況ごとにどちらを使うのが適切か整理しておきましょう。

 

《部屋で音楽を流すとき》

I hear music in my room.

※音楽の内容に意識を置いていないので "hear" を使う!

 

 

《部屋で音楽を聴くとき》

I listen to music in my room.

※音楽に耳を傾けている状況です。歌詞やメロディーを聴いています。

 

 

《先生の話を聞くとき》

We often listen to our teacher.

※先生の話に耳を傾けている=listenを使うのが適切です!