教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

授業以外の時間こそ英語を勉強しましょう!日本人が英語を使えない理由と英語習得に向けてのアドバイス

f:id:nakahiyo:20190711194210j:plain

こんにちは、  ババロアです。元英語教員の私が言うのもなんですが、学校の授業を受けるだけで英語力は向上しません!授業以外の時間を利用して効率的に英語を学習しましょう。

日本人の大多数は6年~10年間英語の授業を学校で受講します。

にもかかわらず、あなたの周りに英語が使える人は多くありませんよね?

 

残念ながら、学校の授業を受けるだけでは英語は使えません!

「まあそうでしょうね~」と思う方もいるかもしれませんが、長年授業を受けても英語が使えないのはもったいないと思いませんか?

本記事では「日本人が英語を使えるようになるたには、授業以外で勉強する必要がある」ということについて深掘りしていきたいと思います。

 

なぜ日本人が学校の授業だけで英語を身に着けることができないのかを考えましょう

f:id:nakahiyo:20190623175931j:plain

たいていの日本人は英語を不得意としています。長い年月勉強しているのに...、

たいていの日本人が長い年月と時間をかけて英語を勉強します。

 

中学校なら週4コマの授業!(中学校卒業後、高校~大学でも英語は勉強します。)

 

にもかかわらず、ほとんどの日本人が英語を使えないのです!!

長い時間勉強するのにもったいない!!

日本人が英語を苦手な理由は簡単です!

・言語ではなく「勉強」になってしまっている

 

・授業以外の時間で英語を学ぼうとしない

上記のような理由から「日本人は英語が苦手」なのです。

言語ではなく「学問」になってしまっている

「英語」はあくまでコミュニケーションツールです。

「言語」であることを理解し、インプットとアウトプットを繰り返さないことには上達しません。

 

また、言語=ネイティブが存在するということです。

英語を使う時のネイティブの感覚を知ることも、英語を学習するうえで大切なことです。

授業以外の時間で英語を学ぼうとしない

1日約50分の英語の授業が終われば、あとは日本語しかありません。

社会人ともなると、自分から英語の環境を作り出さないと英語に触れることはほぼ無いと言えます。

 

「英語を使えるようになりたいけど、どうすればいいんだろう」と思っている人は、現在の英語環境を見直すことから始めましょう。

「日本語ばっかり...」という方は英語環境を作るところからスタートです!

どれだけ英語のある環境を作り出せるかが、英語習得のポイントです!

授業以外で英語を勉強する方法を紹介

授業以外の時間で「英語の環境」を作り出す方法を紹介します!

それでは英語に触れる機会の少ない日本人におすすめの英語習得法をみていきましょう。

英語を言語として理解するためのリーディング勉強法

f:id:nakahiyo:20190711193256j:plain

英語をマスターするには、言語として理解した上で学習しなければなりません!

先ほども述べたように、英語は言語です。

勉強としてではなく1つの言葉を習得するつもりで学習してください。

 

まず行ってほしい勉強法は「洋書を読みこむ」ことです。

英語で書かれた小説やエッセイなどを読むことで、ネイティブの書いた言葉としての英語に触れることができます。

洋書を読む時のポイントを以下にまとめました。

・できるだけ辞書を引かずに読む

 

・分からない部分は「予想」して読む

 

・つまらないと感じた場合は洋書のレベルを落としてみる

 

上記のポイントをおさえることで「英語力」が格段にアップします!

「学校でも教科書を読むから、それでいいんじゃないの?」という方もいますが、英語の教科書では言語としての英語は見につきにくいと考えられます。

学校の教科書ではダメな理由を下記にまとめました。

・内容が本当に面白くないので、読む気にならない

 

・文法の正確さを重視するため、ネイティブにとってダサい表現が多々ある

 

・そもそも文量が少なすぎる

 

中学3年間で勉強する英語の教科書をまとめても、ネイティブの小学2~3年生が読む本1冊分くらいしかありません!!

教科書に頼っていては英語力が伸びない理由が分かりましたか?

言語としての英語をマスターするには、ネイティブが書いた本を読むのがおススメです!

このような記事もあります

「洋書を読む」ことについての記事です。リーディングだけでなく単語力にも大きな効果があるため、ぜひ実践してほしい勉強法の1つです!

 

生きた英語を耳にして、リスニング力&スピーキング力を上げる勉強法

f:id:nakahiyo:20190711193222j:plain

リスニングも「生きた英語」を聞きましょう!!こちらも楽しく勉強するのが大切!!

「リスニングの勉強っておもしろくない」という方も少なくないと思いますが、私がおススメするのは「おもしろく、前向きに英語のリスニングを勉強する」ための方法です。

 

具体的には海外ドラマや海外の映画を英語音声で鑑賞すだけなのですが、こちらもポイントがいくつかあります。

・当然ですが「吹き替え」は使わないようにしましょう

 

・日本語字幕ではなく「英語字幕」で楽しみましょう

 

・「1回目は日本語字幕、2回目は英語字幕」というように耳が慣れるまでは日本語字幕をはさんでもOK

 

・1日数分でもOK!継続することが大切です。1か月で効果が出始めます。

こちらも「生きた英語」が大切です。ネイティブの会話に勝る教材はありませんからね!

DVDをレンタルするのも良いですが、店まで借りに行くのが面倒な私がおススメするのはhuluです!

わざわざ外に行かなくても良いし、なんと言っても海外ドラマや映画コンテンツが豊富なので、飽きることなく継続して学習することが可能です!

このような記事もあります

「海外ドラマや映画で英語を勉強したいけど、ギガや携帯料金が気になる」という方はこちらの記事を参考にして下さい。ギガを気にしなくてもよくなるだけでなく、携帯代も圧倒的に安くなります!

 

「本気で英語をマスターしたい!」という方は今回の記事を参考にしていただき、身の回りの英語環境を整えていきましょう!