教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

"see" "watch" "look" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

f:id:nakahiyo:20190412214442j:plain

「昨日テレビ見た?」は、"Did you see TV?"それとも "Did you watch TV?"  もしくは "Did you look at TV?" どっちでもいけるのかな・・・?

 

英語の基本となる "see" "watch" "look" という動詞。

全ての単語で「見る」という意味を表すことが可能ですが、状況に応じた使い分けが必要です。

それぞれの英単語のイメージを理解して、使い分けられるようにしましょう!

 

この記事について
・「見る」を表す3つの動詞を使い分けられるようになります。
・「見る」を表す動詞のイメージを理解できます。

 

 

"see"のイメージ

seeの感覚は、「景色を見る」です。

まずは自分が景色を見ている状況を想像してください。

f:id:nakahiyo:20190412200717p:plain

たとえば、上の景色を見る時「きれいな景色だな~」と全体をぼんやりと見ます。

 

どんな景色でも、雲だけを見たり、海だけを見るのではなく、その景色全体を見ることが多いですよね?

 

このように "see" のコアイメージは、

 

「(自然と)目に入るイメージ」なのです!

 

意識して何かを見るのではなくて、「風景的に目に入ってくる」という特徴をしっかりと理解しましょう!

 

f:id:nakahiyo:20190412202004p:plain

I see a movie every week. 

「私は毎週映画を見ます。」

というように、映画館で映画を見る時にも使うことができます。

 

映画館では大きなスクリーンで映画を見ますよね。

 

このように、スクリーン全体を風景的に見る(目に入ってくる)状態なので「映画を見る」を表すには "see" を使うのが適切なのです!

 

"watch"のイメージ

 watchの感覚は、「観察」です。

ファッションショーを思い浮かべてください。

 

f:id:nakahiyo:20190412210527p:plain

I watch a show.

「私はショーを見ます。」

このような場面で "watch" を使うのですが、上のようなショーでは、モデルの動きや服装を観察しますよね。

 

このように、 "watch" のイメージは、

 

「動きや変化のあるものに注目して観察するイメージ」なのです。

 

先ほどの "see" は「全体を見る」のに対して、 "watch" は動きのある「対象を観察して見る」という意味になります。

 

f:id:nakahiyo:20190412211126p:plain

Let's watch me!!

「(私を)見てなさい!」

 たとえば「料理のお手本を見せる状況」では "watch" を使います。

 

「料理をしている様子を見せる=動きを見せる」というように、料理をする動きを観察する必要があるので、 "watch" を使うのが適切ですね!

 

"look"のイメージ

look の感覚は、「注目」です。

seeは「全体を見る」イメージですが、lookは「対象を見る」イメージです。

f:id:nakahiyo:20190412211925p:plain

 

Look at this rock!

「この岩を見て!」

「動かない対象物を見る状況」で使われるのが "look" です。

動かない対象物である岩に意識を向けて見ているので、ここでは "look" を使うのが適切です。

 

ここでもう一つ覚えてほしいのが、 "at" のイメージです。

 

"at" のコアイメージは簡単に言うと、「一つの点」です。

 つまり、"look at ~ " というのは、「一点を見つめる」イメージがかなり強い表現となります。

 

 

このように、 "look" のイメージは

 

「動いていない対象物を意識してみる」イメージです!

 

意識的ではない "see" と、動いている対象を見る "watch"とは大きく異なる動詞が look です。

 

まとめ

「見る」を表す "see" "watch" "look" のイメージの違いは理解できましたか。

それぞれのイメージをもう一度確認しておきましょう。

 

see

「(自然と)見る」

watch

「(動きや変化を)観察する」

look

「(静止しているものを意識して)見る」

 

これら3つの動詞の違いを理解して、ネイティブの感覚で使えるように練習しましょう!