教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

小学校で英語の授業が大きく改正!2020年に備えよう!【準備をしよう!】

2020年から小学校で英語が導入されるらいいけど、今までの英語と何か違うの?今でも外国語として勉強しているよね?

 

 

小学校で英語を教えるって聞いたけど学校の先生はきちんと教えてくれるの?英語について勉強していないのでは?

 

2020年から小学校で外国語の教科として英語の授業がスタートします。

とはいえ、現在も小学校で英語を勉強しています。現在の英語と比較しながら、英語授業の導入に向けて何が必要かを考えていきましょう。

 

 

この記事について
・2020年の教育改革(英語)の基本が分かります。
・2020年の英語授業に向けてどのような準備が必要かが分かります。
 
 
 
 

2020年に小学校の英語が大きく変わります

中学年(小3・小4)

f:id:nakahiyo:20190315215912j:plain

 
POINT

・「外国語」ではなく「外国語活動」
・年間35時間
・英語に親しむことが目標

 
小学校中学年(小3・小4)では英語の授業のことを外国語活動と呼びます。
外国語の後に「活動」という言葉がつくことにより、中学年の外国語は教科ではなくなります。ということは、中学年での英語は評価対象ではありません。これは高学年との大きな違いですね。
 
また、年間35時間の授業数です。年間35時間とは、だいたい週1回~2回ほど英語の授業が入ってくる計算です。
 
 そして中学年では「英語に親しむこと」が教育目標です。
「英語が使えるようになる」というより、楽しみながら英語に触れる時間を増やすことが授業内での目標になってくるでしょう。
 
英語嫌いを作らないように授業が行われ、英語に良い印象を持って高学年につなげていくことを意識した授業展開が考えられます。
 
 

高学年(小5・小6)

f:id:nakahiyo:20190314225005j:plain

 
 
POINT

・英語が活動から教科に
・年間70時間
・さまざまな技能が必要

 
高学年(小5・小6)になると「外国語活動」から「教科としての英語」に代わります。ということは、英語が評価対象となります(通知表に評価が載ってしまいます)。
 
授業時数は年間70時間となり、中学年の倍(週3~4回)の授業が行われます。
 
中学年では「楽しむこと」を目標にしていましたが、高学年では評価対象となるため様々な技能が求められます。
 
《 高学年で求められる英語技能 》
 
読む書く+聞く+話す
 
中学年では大きく求められることのなかった「読む+聞く」技能が求められるようになります。これだけでもかなり高度になりますよね。
 
しかもしかも、学習する英単語は600語~700語!!
 
現在中学校で学習している英単語の半分。
これはかなりキツいです。コツコツ頑張らなければなりません。
 
 

こんな準備をしておこう

英語学習は早めにするが勝ちです。

悩んでいる時間があるなら、とにかく始めることが大切です。

しかし、なかなか家庭学習で準備をするのも難しいのも現状。

 

そこでおススメなのが「進研ゼミの小学講座」です。

以前まで別料金で割高感のあったチャレンジイングリッシュが小学講座に統合されることで、かなりお得感が増しました。(4教科+英語が受講可能)

自宅でしっかりと授業を受けることができる通信教育「進研ゼミの小学講座」をできるだけ早く受講し、小学校で始まる英語の授業の準備をしっかりとしてください。