"talk" "speak" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

コアイメージ
スポンサーリンク

f:id:nakahiyo:20190413184741j:plain

一緒におしゃべりしたい子がいるんだけど。。。 “Let’s talk!”“Let’s speak!” どっちが良いんだろう?

 

“talk” “speak” 日本語にすると「話す」という意味になるこの2つの動詞、きちんと使い分けていますか?

 

ネイティブの感覚で使うには、これらの動詞のイメージをしっかりと理解して使い分ける必要があります。

 

今回は “talk” と “speak” のイメージをみていきましょう!

 

この記事について
・”talk” と “speak” のイメージを理解することができます。
・”talk” と “speak” をネイティブの感覚で使えるようになります。

 

 

スポンサーリンク

talkのイメージ

“talk” のイメージは「相手と話をする」です。

f:id:nakahiyo:20190413182853p:plain

He is talking with his girlfriend.

「彼は彼女と話しています。」

“talk” は相手と会話をしている」ことを意識して使う動詞です。

 

ガールズトークという言葉も日本では存在しますが、これも “talk” のイメージ通りで、「女の子たちが集まってワイワイ話している」イメージですね!

 

スポンサーリンク

speakのイメージ

“talk” のコアイメージは「スピーチをする」です。

 

f:id:nakahiyo:20190413182841p:plain

She speaks in front of us.

「彼女は私たちの前で話をします。」

“speak” は会話に意識を置くのではなく、「言葉を発すること」に意識が置かれます。

 

“She speaks in front of us.” のように、聞き手に対して一方的に話している時にも使われます。

 

また、“I can speak English.” のように言語を話す時にも使われますね。

 

これは「英語を口から発する」ことに注目して使われているので、会話を意識する “talk” を使うと違和感がありますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

f:id:nakahiyo:20190413184821j:plain

それぞれのイメージは理解できましたか?

状況ごとにどちらを使うのが適切か整理しておきましょう。

 

《誰かと一緒に話をしたいとき》

Let’s talk! 「一緒に話そう」

※「会話」を意識した “talk” を使う!

 

 

《よく独り言を言うとき》

I often talk to myself.「私はよく独り言を言う」

※自分自身と会話しているイメージですね!

 

 

《言語を話すとき》

My mother can speak French.「私の母はフランス語を話せます。」

※フランス語を口から発していることに意識した英文です!

コメント