教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

2019年全国学力・学習状況調査で「英語」が実施【英語で話すことが重視される時代の到来】

f:id:nakahiyo:20190420090946j:plain

全国学力・学習状況調査の英語で英語が実施されました。問題やテスト方法は?

 

平成31年度に実施された全国学力・学習状況調査(中学校)で初めて英語を測るテストが実施されました。

中学3年生を対象に実施されたテストですが、これで国語・数学・英語の3教科を調査対象としたことになります。

実際の問題やテスト方法を見ていきたいと思います。

 

この記事について
・全国学力・学習状況調査の「英語」について理解できます。
・実際の問題に触れることができます。

 

 

全国学力・学習状況調査ってなに?

f:id:nakahiyo:20190420091627j:plain

全国学力・学習状況調査とは、 基本的に全ての学校が参加する調査です。

文部科学省が発表している調査の目的をみてみましょう。

 

義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から,全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し,教育施策の成果と課題を検証し,その改善を図るとともに,学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる。さらに,そのような取組を通じて,教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する。

引用元:平成31年度全国学力・学習状況調査に関する実施要領:文部科学省

 

簡単に言うと「児童生徒の学力や学習状況を調査して、その結果から今後の日本の教育を改善していく」という調査です。

 

調査対象は小学6年生と中学3年生の各校種の最高学年となり、小学6年生は「国語・算数」の2教科、中学3年生は「国語・数学・英語」の3教科の実施です。

 

中学3年生の「英語」に関しては、2019年度から実施となり「英語の4技能」を測

ります。

 

この「4技能を測る」と聞いたとき、元英語教員の私は正直かなり驚きました!

 

英語の4技能は「聞く」「読む」「書く」「話す」の4つで構成されているのですが、「話す」技能に関しては、他の技能に比べて明らかに調査が大変です。

実際、その大変さから入試においても「話す技能」を測るテストが少なく、ましてや教員数の限られた学校現場で実施するのは不可能に近いと感じていました

 

そのような状況の中、どのように文部科学省はこの調査を実施したのか、全ての技能の調査方法をみてみましょう!

 

「聞くこと」「読むこと」「書くこと」実施方法

 

国立教育政策教育書のHPから今回の問題が見れますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

「聞くこと」=リスニング問題

「読むこと」=長文問題

「書くこと」=英文法&英作文

 

今回の問題を見ると、文部科学省の気合いの入り方が感じられます。

 

というのも、なかなかの良問ばかりで、問題の質が高いものでした!

このような調査の問題は簡単で解きやすい問題が多いのですが、今回の問題はなかなかの良問が多く感じました。

 

しかも、45分間のテスト中ずっとCDを流しっぱなしで、各技能の解答時間が音声によって案内されます。

 

文部科学省の本気が感じられますよね?

 

「話すこと」実施方法

 

多くの方が気になっていた「話すこと」の実施方法をみてみましょう。

 

「話すこと」はペーパーテストで測ることができません。

また、教員が一人ずつ対応するのも学校の現状(教員数など)からみて不可能です。

 

では、どのように実施したかというと、、、

 

①1人1台PCを準備

②1人1台ヘッドセットを準備

③PCを通して問題が出され、それに対する答えを録音する

④録音データから文部科学省の委託業者が採点

 

このように、ICT環境を用いて「話すこと」がテストされました。

こちらも平成31年度全国学力・学習状況調査の調査問題・正答例・解説資料について:国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Researchより問題と解答が見れるため、興味のある方はぜひご確認ください。

 

「話すこと」が調査されたということは

f:id:nakahiyo:20190420091812j:plain

全国学力・学習状況調査で「話すこと」が 調査されたということは、今後の日本の入試や定期考査で「話すこと」が追加されることが予想されます。

 

特に2020年に大学入試が大変革されスピーキングがテストに導入されるのは間違いありません。

 

「英語で自己表現する力」が今後の入試では重要事項となっていくのです。

 

スタディサプリ ENGLISHこどもチャレンジなどのオンライン英語講座で英会話力を長い期間かけて身に着けている人にとっては、かなり嬉しいことで、今までの「英語を読んで書けたら合格できる」ような入試制度は今後無くなっていきます。

 

今回の学力・学習状況調査の結果でまた日本の入試や英語教育システムの変化があると考えられrます。英語をコミュニケーションツールとして「話す力」をつける教育が進めば、日本人の英語力がグッと上がるでしょう。

 

関連記事

 

www.babaloa.work

 

www.babaloa.work