学習者向け

コアイメージ

study とlearn の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

studyとlearnの違いを解説。似ているようで全く異なる意味となる2つの英単語。コアイメージを理解して、ネイティブに近い感覚で英語が使えるようにしましょう!英会話力アップ&英語力アップにつながります。
勉強法

楽天モバイルで英会話を習得する!独学で安く英会話を習得する方法【huluの英語音声×英語字幕で生きた英語を耳にしましょう】

英会話を独学で習得したいと思いませんか?本記事では、英会話を独学で習得するおすすめ勉強法を紹介します。楽天モバイルを使って安く独学で英会話を習得する方法を参考にしてください。
勉強法

英語の聞き取りを日常に取り入れるリスニング上達法

日本人の苦手とする英語のリスニング。実はネイティブもリスニングが苦手です。しかし、一日数分取り組むだけでリスニング力が格段に上がるトレーニング方法があります。PCまたはスマホを使って手軽にリスニング力アップ!英会話上達につなげていきましょう。
コアイメージ

"hear" と "listen" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

日本語訳すると「聞く」になる"hear" と "listen"。ヒアリングテストとリスニングテストは大きく異なるテストです。英単語のコアイメージを理解して、"hear と "listen" を使い分けましょう。
勉強法

2019年全国学力・学習状況調査で「英語」が実施【英語で話すことが重視される時代の到来】

2019年全国学力・学習状況調査で「英語」が追加されました。調査の難しい「英語話すこと」がテストで実施されましたが、その調査はどのようにして行われたのでしょうか。また、この調査から見るこれからの日本の英語教育を徹底解剖!
勉強法

きれいなノートは効果なし!勉強の効率を劇的に上げる勉強方法3選

いまの勉強法が合わないと感じることはありませんか?「ノートにひたすら書いて覚える」「大事なところにマーカーを引く」は間違った勉強法です。本記事では今まで伝わってきた効果のない勉強法や、科学的に効果が立証された勉強法3選をご紹介します。
勉強法

暗記が苦手は当たり前!エビングハウスの忘却曲線から理解すべきこと

暗記が苦手と思っていませんか?暗記が苦手なのはあなただけではありません。本記事では「エビングハウスの忘却曲線」から「暗記が苦手」な理由とその対策を紹介しています。
コアイメージ

"talk" "speak" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

日本語訳すると「話す」になる"talk" と "speak"。ネイティブはこの2つの動詞を使い分けています。2つの動詞のコアイメージを理解して、しっかりと使い分けをしましょう!コアイメージを意識することで英語力&英会話力アップ”
コアイメージ

"eat" "have" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

どちらも「食べる」という日本語で訳される "eat" と "have"。ネイティブの感覚を知ることで、この2つの使い分けが可能です。英単語のコアイメージを理解して、状況に合わせた使い分けができるようにしましょう!"eat"と"have"を使い分けて、英語力&英会話力アップ!!
コアイメージ

"have" "hold" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

日本語にすると「持つ」という意味になる"have" と "hold" 。状況に合わせて使い分けが必要です。コアイメージを理解して、ネイティブの感覚で使い分けができるようにしましょう!コアイメージを理解して英語力&英会話力アップ!
コアイメージ

"see" "watch" "look" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

基本的な英単語である "see" "watch" "look" を使い分けることで、英語力が一段とアップします。同じ「見る」でも使い方が違う3つの動詞を理解して、使い分けられうようになりましょう!
勉強法

「外国語脳」を意識すれば日本で英語が話せるようになる【オンライン英会話教室で英語を習得】

「外国語脳」を知らなければ留学をしても英語が話せるようになりません。逆にこれを意識することで日本にいながら英会話を習得することが可能です。外国語脳を知って、英語を使えるようになりましょう。
勉強法

【英語初心者~上級者まで】英単語・英文法・発音別 英語のおすすめ本を紹介

「英語の本がありすぎて、どれを読めばいいか分からない」という方はいませんか?本記事では、英単語・英文法・発音別におすすめの英語の本を紹介しています。初級~中級者向けとなっているので、自分の英語をワンランクアップさせたい方におすすめの本たちです。