教育オンラインサロン「教育アップデート研究所」

学習者向け

学習者向け

授業以外の時間こそ英語を勉強しましょう!日本人が英語を使えない理由と英語習得に向けてのアドバイス

学校の授業だけで英語が身につくと思いますか?残念ながら身に尽きません!中学校の教科書をまとめてもネイティブの小2レベル。本記事では授業以外の時間で英語を学習する勉強法を紹介します。授業以外の時間を友好的に使って、英語をマスターしましょう。
学習者向け

英単語が覚えられないなら単語帳を捨て去ろう!英単語が覚えられない方におすすめの勉強法

「英単語が覚えられない」と悩んでいませんか?英単語を覚えるのに単語帳はいりません!本記事では「英単語が覚えられない方におすすめの勉強法」を紹介します。英単語を覚えたいなら、単語帳は捨て去りましょう!
勉強法

英語は独学で習得できる!コスパと学習効果の高いおすすめオンラインサービス

英会話を独学で習得するのは難しいと思っていませんか?英会話を独学でマスターするならオンラインを圧倒的におすすめします。本記事では英会話習得に向けて「料金が安く、内容の良い」おすすめのサービスを紹介しています。独学で英会話を習得したい方は参考にしだください。
コアイメージ

頻度を表す副詞はネイティブ感覚で間違えない【英語のコアイメージを理解して暗記しなくても間違えない勉強法】

英語を使用する中で頻度を表す副詞で迷ったことはありませんか?日本語で理解するだけでは、頻度を表す英単語を間違えてしまう傾向があります。本記事を読むことで、頻度を表す英語のイメージを理解し、間違いを劇的に減らすことができます。
勉強法

自動翻訳機の精度が高くなっても、外国語を勉強しましょう【機械が普及しても学校で英語を学ぶ理由】

自動翻訳機の登場で英語を勉強する必要がなくなったと感じませんか?たしかに自動翻訳機の登場で学校で英語を勉強する必要性は低下しました。しかし、英語を学習するメリットは多々あります。本記事では自動翻訳機の登場と英語教育について深堀りします。
勉強法

英検合格のコツは「英検」を知ることです【これからの時代、英語の資格が大きな助けとなります】

英検に合格するためのコツを知っていますか?まずは英検という試験について知ることが大切です。本記事では、幅広い方が受験する英検を合格するためのコツと勉強法を紹介しています。
コアイメージ

英語のコアイメージを理解して、英語の暗記量をレベルアップするための方法3ステップ【英単語イメージの理解】

当ブログで紹介した英語のコアイメージについての記事をまとめました。英単語のイメージを理解して、暗記勉強を脱却しましょう。英語力アップの近道はコアイメージの理解です。
コアイメージ

study とlearn の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

studyとlearnの違いを解説。似ているようで全く異なる意味となる2つの英単語。コアイメージを理解して、ネイティブに近い感覚で英語が使えるようにしましょう!英会話力アップ&英語力アップにつながります。
コアイメージ

"hear" と "listen" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

日本語訳すると「聞く」になる"hear" と "listen"。ヒアリングテストとリスニングテストは大きく異なるテストです。英単語のコアイメージを理解して、"hear と "listen" を使い分けましょう。
勉強法

2019年全国学力・学習状況調査で「英語」が実施【英語で話すことが重視される時代の到来】

2019年全国学力・学習状況調査で「英語」が追加されました。調査の難しい「英語話すこと」がテストで実施されましたが、その調査はどのようにして行われたのでしょうか。また、この調査から見るこれからの日本の英語教育を徹底解剖!
勉強法

暗記が苦手は当たり前!エビングハウスの忘却曲線から理解すべきこと

暗記が苦手と思っていませんか?暗記が苦手なのはあなただけではありません。本記事では「エビングハウスの忘却曲線」から「暗記が苦手」な理由とその対策を紹介しています。
コアイメージ

"talk""speak" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

日本語訳すると「話す」になる"talk" と "speak"。ネイティブはこの2つの動詞を使い分けています。2つの動詞のコアイメージを理解して、しっかりと使い分けをしましょう!コアイメージを意識することで英語力&英会話力アップ”
コアイメージ

"eat""have" の使い分け イメージを理解して英語力アップ【ネイティブ感覚の英会話】

どちらも「食べる」という日本語で訳される "eat" と "have"。ネイティブの感覚を知ることで、この2つの使い分けが可能です。英単語のコアイメージを理解して、状況に合わせた使い分けができるようにしましょう!"eat"と"have"を使い分けて、英語力&英会話力アップ!!