教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

暗記が苦手は当たり前!脳のメカニズムから見た復習勉強法

f:id:nakahiyo:20190416214025j:plain

 

 

昨日徹夜で覚えたのに、テストで思い出せなかった。。。

 

徹夜をして何時間も勉強したにも関わらず、テストで思い出せなかった(またはテストが終わったら記憶から抹消されていた)ことはありませんか?

 

それは当然のことで、記憶力の問題ではなく人間の脳の構造上仕方のないことなのです。

 

 今回は、「人間の脳の構造」から「記憶の定着」について勉強していきましょう!

 

この記事について
・「記憶」について知ることができます。
・効果的な復習方法を知ることができます。
 

エビングハウスの忘却曲線

f:id:nakahiyo:20190313193332j:plain

具体的な勉強方法を紹介する前に、まずは勉強に関する脳の特徴を知っておきましょう。

 

「エビングハウスの忘却曲線」は勉強方法を見直すにおいて、必ず知っておいてほしいワードの一つです。


エビングハウスという方が「人間の脳がいかに忘れやすいか」を実験した結果をグラフにしたものが”エビングハウスの忘却曲線”です。

 

実験方法

エビングハウス自ら「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節(rit, pek, tas, ...etc)を記憶し、その再生率を調べ、この曲線を導いた。結果は以下のようになった。

人間が何かを学んだ後…

20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる
2日後には72%忘れる
6日後には75%忘れる
31日後には79%忘れる

 

 

数学の授業の説明を聞き、その後問題を解いてみると何も問題なく解けたのにも関わらず、再度同じ問題にチャレンジすると、解き方が思い出せず何度挑戦しても解けない…。こんな経験ありませんか?

これはエビングハウスの実験からわかるように、時間が経つことによって知識のうちの数十%を忘れてしまっているのです。

  

記憶を定着させるには

では、どのようにして記憶を定着させるのか、それはずばり「復習と反復」です。

当然かと思われる方もいらっしゃると思いますが、やはりこの2つが短期記憶を長期記憶に変えるには必要なのです。

ただし、何度も何度も無我夢中で復習をしなければならないわけではありません!

 

復習するにもコツがある

f:id:nakahiyo:20190224103438p:plain

 

この図は、エビングハウスの忘却曲線の中に「復習」の要素を取り入れたものです。

青線=初めて学習をして記憶した日

 

赤線=1時間後に復習をした時の記憶率の推移

 

灰色線=2回目の復習

 

黄色線=3回目の復習

 


復習をしなかった場合、記憶率が低下していきますが、復習をした場合は忘れるまでの時間が緩やかになっています。

これが、記憶の定着(長期記憶)です。

 

記憶を定着(短期記憶を長期記憶に変換)させるには、1回の勉強にかけた時間ではなく、復習するタイミング復習する回数なのです!!

 

記憶した5分後に復習しても復習効果は薄いですし、1回だけの復習では記憶に残りません。

 

忘れたころに復習し、思い出す作業を何度か繰り返すことで記憶が定着していきます。

 

「覚えた!」と思っても、何度か思い出すことで忘れにくくなるのです!

 

まとめ

人間って忘れる生き物なんです!!

 忘れることは悪いことではなく、当然のことです。

しかし、それと上手く付き合いながら記憶を定着させなければなりません。

思い出すことを重要視し、効果的な勉強をしていきましょう!!

 

関連記事

www.babaloa.work