【嫌われる勇気】アドラー心理学との出会いが人生観を変えた

コラム

こんにちは、TOMOです!

みなさん、過去のことで悩んでいませんか?

私はこれまでの人生で「過去の自分」に対して山ほど抱えてきました。

 

ババロア
ババロア

自分は元々こんな人間だから…

と、考えれば考えるほど悩みが深くなる負の連鎖に陥ってしまうことも多々ありました。

 

そんな時に出会ったのがアドラー心理学です!!

当時の私は衝撃の連続。あっという間に人生観が変わりました。

ババロア
ババロア

自分の過去で悩むことが極端に減りました。

 

今回はそんな「アドラー心理学との出会い」についてお話ししていきたいと思います。

 

【嫌われる勇気】アドラー心理学との出会いが人生観を変えた

人生の悩みをめちゃくちゃ減らしてくれたアドラー心理学ですが、私がその心理学と出会ったのは嫌われる勇気という書籍がきっかけでした。

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――
【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、
対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、
現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。

青色でインパクトのある表紙ですので、目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

驚きなのが2013年に出版された本にもかかわらず、

ババロア
ババロア

いまだに書店でプッシュされている!!

それだけ多くの人に影響を与え、読まれているということですね。

私はこの本によって自分の人生との付き合い方が変わり、人生が変わりました。

 

私に影響を与えた「アドラー心理学」の考え方

私の人生に影響を与えたアドラー心理学ですが、実際にどのような考え方があるのでしょうか。

具体例を交えながら解説していきたいと思います。

 

【アドラー心理学】人は今からでも変われる

アドラー心理学の考え方に自己決定性という考え方があります。

 

自己決定性とは、

ババロア
ババロア

自分の行動は自分で決めれるんだよ!

というイメージです。

 

「そんなの当たり前じゃん!」って思うかもしれませんが、私は当たり前にこの考え方ができていませんでした。

 

というのも、

ババロア
ババロア

周りから冷たい目で見られたことがあるから、今回はやめておこう。

とチャレンジから逃げまくっている自分がいたのです。

 

これは、

周りから冷たい目で見られた過去(原因)→チャレンジしない(結果)

という風に考えられがちですし、そう考えていた自分もいたのですが、アドラー心理学では上記のようには考えません。

 

では、どのように考えるのかというと、

チャレンジしない(目的)→周りから冷たい目で見られた過去(理由)

このように考えます。

つまり、「チャレンジしないこと」の言い訳や理由として、過去の「周りから冷たい目で見られた」という過去を引っ張り出してきているのです。

ババロア
ババロア

この考え方は衝撃!!

チャレンジしないことは事前に決めていて、それを正当化するために過去を引っ張り出してくる…そんな考え方をするんですね。

 

これは「そんなことない!!冷酷な考え方だ!!!!」と思われがちです。

しかし、全く冷酷な考え方じゃないんですね。

 

ババロア
ババロア

突き放しているように聞こえるけど、実は違う!

アドラー心理学ではこの考え方を通して「過去に囚われなくてもいいんだよ!自分で行動は選べるんだよ!!」と明るい未来を提示してくれています。

 

【アドラー心理学】過去に囚われすぎてはダメ!

過去に囚われすぎて行動できないことって、意外に多いんですよね。

 

自分の家庭は貧しかったから…

私は今まで独りで生きてきたから…

 

と、自分で自分にレッテルを貼り、行動選択をしてしまいがちです。

しかし、今の自分の行動を決めるのは今の自分ですよね!!!!

 

・もともと大人しい性格の人でも、外交的に振る舞う選択肢は自分の中にある。

・攻撃的な性格だった人も、優しく振る舞う選択肢は自分の中にある。

・立ち止まってしまった人でも前に進む選択肢は自分の中にある。

ついつい、自分の行動を環境や過去のせいにしてしまいがちですが、実は自分で行動は決められるんですよね。

 

人生長いですから、逃げたくなることもあるし、ダメだったことを何かのせいにしたくなることもあります。

ババロア
ババロア

私も逃げ回っていた時期がありました。

とはいえ、逃げ回っていても前には進まず、自分のためにならなかったんです。

そんな時に、偶然嫌われる勇気という書籍に出会い、アドラー心理学に出会い、自分のための行動決定をするようになりました。

今となっては自分自身の人生をデザインする上で、大切な考え方となっています。

 

アドラー心理学(嫌われる勇気)と出会えてよかった

今回はアドラー心理学で人生観が変わったというお話をさせていただきました。

みなさんの参考になったでしょうか?

 

私の人生観が変わったように、この記事が「みなさんの人生観を変える」きっかけになると嬉しいです!

コメント