先生と生徒がLINEを交換する世の中に!?子どもと教員はSNSでつながるべきかを考えましょう

タブレットをタッチ学級経営
スポンサーリンク

 

こんにちは、ババロアです!

先生と生徒のLINE交換について、あなたはどのように考えますか?

 

先日、Twitterでこのようなツイートがありました。

上記のツイートは「先生がスマホ持っているなら、子どもと直接LINEを交換して対応してよ!!」という保護者の意見です。

スマホが普及した現代社会において、このような声は多くなってくるでしょう。

 

「7割以上の中高生がスマホを持っている」とも言われている世の中。すごい時代になりましたね~。

 

LINEなどのSNSをしているのは、子どもだけでなく先生も数多くいます。

それほど「先生と生徒がSNSで繋がる可能性」が増えてきました。

 

本記事では「先生と生徒がSNSやLINEで繋がるべきか」をテーマに深掘りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

中高生のほとんどがLINEで連絡を取り合う時代

snsの画像

 

スマホの所持率が高いだけでなく、スマホを持っている中高生のほとんどがLINEを利用しています!

 

SNSやLINEが普及したことにより、とっても便利な社会になってきました。

一昔前まではメールや電話が主な連絡手段だったのに、今やLINEさえあれば大体の人と連絡を取り合うことが可能です。

さらに学校でも「スマホの持ち込み」が検討されていて、そのうち全国的に持ち込みが許可されるかもしれません。

「学校へのスマホ持ち込み禁止」が見直されます!小学校や中学校でもスマホの持ち込みが許可される時代に
学校へのスマホ持ち込みが再検討されているのは知っていますか?スマホ普及率が上がってきた今、学校へのスマホ持ち込みを許可する動きが強まっています。本記事では、「学校へのスマホ持ち込み」について解説しています。

 

スポンサーリンク

スマホの進化とトラブルは別問題として考えるべき

ソーシャルメディア

 

「ネットやスマホが進化しすぎて、トラブルが増えるんだ!!」とお門違いの意見もありますが、それは違いますね!

 

技術が進歩することは決して悪いことではなく、私たちが考えなければならないのは「技術との上手な付き合い方」です。

実際に中高生がLINEで行っていることをまとめました。

・部活やクラスのグループを作って連絡を取り合う
・グループ内で勉強や宿題の情報交換をする

主に上記2つのような使い方をしています。

 

上のような健全な使い方だけなら良いんですが・・・。

 

LINEが浸透しているということは、「グループ外し」や「ネットによるいじめ」が発生しやすい環境なのも事実です。

このような「子どもたちの見えにくい関わり」に教員がどこまで突っ込むべきかを考えなければなりません。

 

正直なところ、私自身の考えは「スマホによるトラブルは基本的に家庭で解決してもらう」です。

スマホを買い与えて、LINEの操作を許可しているのは家庭なので、学校は基本的に関与する必要はないと思います(全く放置する、というわけではありません)。

しかし、先ほど紹介したツイートの保護者は学校による対応を期待しているわけですね。

 

家庭の判断で買い与えたものに対して、学校に対応を求めるのは「おかしい」と思いませんか?

 

スポンサーリンク

先生と生徒がLINEでやりとりするのは普通でしょうか?

青年たちが主張

 

先生と生徒のLINE交換が増えてきている印象。みなさんは賛成?反対?

 

生徒間のやりとりの中でLINEが使われているのは当然の流れでしょう。

生徒がグループでやりとりをすることで、連絡ミスなども防げるため、教員か助かっている部分もあります。

では、先生と生徒がLINEで繋がるのはどうでしょうか?

 

先生と生徒がLINEで繋がるメリットを考えました。

・連絡ミスが少なくなる
・気になる生徒に直接連絡できる

LINEを交換するメリットはこれくらいですね。

連絡面で便利になるといったところでしょうか。

 

では、デメリットを考えてみましょう。

・プライベートと仕事の境界がつきにくくなる
・生徒の関係がややこしくなる可能性がある
・個人的な連絡先が拡散されるリスクがある
・周りから関係性を勘違いされる可能性がある

上記のようなデメリットがあります。

これらのデメリットを十分考えた上で、LINEやSNSの運用を考えなければなりません。

 

デメリットを考えれば、リスクが大きすぎます

 

子どものためを思って、とはいえリスクがありすぎです!

 

すこし厳しい意見になってしまいますが、学校で働くということは、あくまで「教員」という仕事をしているわけで「プライベートの延長」ではありません。

 

たしかに「子どものために…」という気持ちも分からなくはありませんが、社会人としてプライベートと仕事の境界をあいまいにしてはダメですよね。

 

常にリスクを考えながら行動しないと、後々自分の首を絞めてしまいます。

 

「LINEを交換しなければダメな状況なのか」「より効果的な関わり方はないのか」をしっかりと考え、子どものために、そして自分のためになる取り組みを考えるのがベストです!

 

LINE以外の方法を考える

 

LINEを交換する状況や効果を分析しながら、より良い方向を考えてみましょう!

 

先生と生徒がLINEを交換するタイミングってどのような場面でしょうか。

・生徒が「先生のLINEを教えてほしい。」と言ってくる
・「学校では言えない悩みがある」と相談される
・気になる生徒に連絡を取るために、先生からLINE交換を申し出る

上記のような場面で生徒と先生のLINEの交換が行われると考えられます。

 

では、LINEでやりとりする効果はどういったものでしょうか。

・学校にいないときでもお互い連絡がとれる
・生徒だけでなく先生も「安心感」を抱ける

基本的に大きな効果はありませんね。それよりもリスクが大きすぎます!

 

実際交換したとしても、そこまで大きな効果があるとは感じられません。

どうしても連絡を取り合いたいと思ったとしても、まずは「LINE交換」以外の関わり方を考えるのが良いでしょう。

コメント