学級経営が楽になる学級通信!ステキな学級通信の作り方

手紙学級経営

 

こんにちは、ババロアです!塾講師・教員歴10年以上。特別支援学級担任から学年主任まで、さまざまなポジションを経験してきました。

先日、このようなツイートをしました。

上記のツイートの通り、私は「学級通信」を1つの軸として学級経営を行っていました。

ロア子
ロア子

学級通信って効果あるの!?

学級通信を毎年約100号ちかく発行してきた私ですが、通信が浸透するまでは、よくこんな声を耳にしました。

ババロア
ババロア

手書きだったので余計に驚かれることも。

 

しかし、学級通信を発行するにつれてそんな声は次第になくなっていきます。

ババロア
ババロア

学級通信の効果は間違い!

本記事のポイントを理解して発行すれば、間違いなく効果が現れます。

ということで、本記事では年間100号発行する私が学級通信の作り方のポイントを徹底解説します。

 

ステキな学級通信の作り方まとめ

原稿とペン

学級通信の作り方にはいくつかポイントがあります。

・発行頻度を高める工夫をする
・内容の質を高める工夫をする
・馴染みやすいタイトルをつける

これらのポイントを意識することで、ステキな学級通信を作ることができます。

ロア子
ロア子

こんなにあるの!?

ババロア
ババロア

最初からカンペキじゃなくてもOKです!

4つのポイントはとっても大切ですが、すこしずつで大丈夫です。

ステキな学級通信が作れるように、徐々にポイントをマスターしていきましょう!

 

発行頻度を高める工夫をする

学級通信を生かすには、発行頻度を高める工夫が必要です。

発行頻度が低いと、

ロア子
ロア子

学級通信なんてあったっけ?

というような状態になることも。

ババロア
ババロア

これでは学級通信を発行する意味が薄れてしまいます。

学級通信を発行することで得られるメリットは、

・担任の価値観を定期的に伝えられる

・子どもだけでなく、保護者とも共有できる

・言葉だけでなく「文字」で伝えることができる

というように、学級経営をサポートするもがたくさん。

これらのメリットを得るためには、学級通信の発行頻度を高めることが大切です。

 

せっかく発行するのに、

・学級経営のサポートにならない
・担任の負担が増えるだけ

これでは、せっかくの学級通信がムダになってしまいます。

発行頻度を高める工夫をして、学級通信を価値あるものにしていきましょう!

内容の質を高める工夫をする

 

タイプライター

発行部数を増やす工夫ができたら、通信の内容に意識を向けましょう。

内容の質が高まると、

・子供が通信を楽しみにする
・保護者が通信を楽しみにする
・発行すればするほど、通信の内容がクラスに浸透する

学級通信の効果がボディブローのように効いてきます。

ロア子
ロア子

次の通信はいつ!?

なんて声が聞こえ始めると最高ですね!

 

とはいえ、良いネタを見つけようとすればするほど困ってしまうことも。

 

ババロア
ババロア

今日は何を書こう…

そんな時は、普段の子供の様子に目を向けてみましょう。

子供たちの行動や言葉にアンテナを貼ることで、最高のネタがゲットできます。

 

ネタに困ったら以下のポイントを参考にしてみてください。

・授業の中で共有したいこと→授業内容だけでなくステキな発言なんかも

・休み時間の様子→遊んでいる様子や流行っていること

・行事→最高のネタです!複数号書くことも

・先生自身のこと→最近学んだことや、クラスを客観視した内容

このように、日常の中にネタはたくさんあります。

ポイントは先生の価値観を伝えることです。

ロア子
ロア子

先生ってそんなふうに見てるんだ!

と価値観を共有していくことで、クラスの意識が変わります。

 

馴染みやすいタイトルをつける

よく分からないタイトルは危険!

 

タイトルをつけるときのポイントは馴染みやすいかどうかです。

「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」などの口に出しにくいタイトルは絶対にやめておきましょう(さすがに魑魅魍魎はないと思いますが)。

 

「口に出しやすいタイトル」にする理由は以下の通りです。

・子どもが愛着をもつことができる

・書いている自分も愛着をもつことができる

気分的なものもありますが、口にしやすいタイトルをつけることで、「学級のキーワード」ができるのです。

 

私が学級通信のタイトルを決めるときの参考にするものを紹介します!

・好きな曲の歌詞やタイトル
・好きな詩の一節
・好きな単語
・パッと思いついた言葉
・学級の子どもから募集する

覚えやすくてインパクトのある言葉が見つかればいいですね!

学級の雰囲気にマッチしたワードを探してみましょう。

 

まずは書いて、それから考えましょう

ペンと消しゴム

 

「大変そうだしな~。」と悩んでる時間がもったいない!学級通信に興味があるなら、まずは書いてみましょう!!

 

学級通信を書こうか迷っている時間があるなら、まずは書き始めてみましょう。

ロア子
ロア子

いきなり書けるものなの!?

と感じてしまいがちですが、書きたいと思った時がタイミング

私は学級経営の中に、学年通信を入れていました。

学級経営で大切なことはコレ!学級づくりは基本が大切
「学級経営で大切なこと」を定期的に見返すことで、より良い学級経営を行うことができます。また、はじめて担任を受け持つ先生も、頭に入れておくことで、学級経営の大きなサポートになります。本記事を通して、もうワンランク上の教員を目指しましょう。

書けば書くほど、うまくなるので、まずは楽しみながら書いてください。

 

また、学級通信を書いた後も大切です。

ババロア
ババロア

配って終わりはもったいない!

配布した後のフォローを丁寧にすることで、学級通信の価値が爆上がりします。

せっかく書いた学級通信、大切な存在にしてください。

学級通信の価値を高める!学級便りは配布してからがメチャクチャ大切
学級通信を書いたものの、子どもたちに配って終わりにしていませんか?配るだけでは子どもたちに伝わりきっていません。気持ちを込めて描いた学級通信を最大限生かして、ステキな学級経営を行ってください。

今回紹介したポイントをおさえれば、学級通信がマイナスになることはありません。

本記事を参考にしつつ、学級通信を楽しんでください!

Twitterでも情報発信中!

ババロア
ババロア

Twitterでも、
先生を応援する情報発信中!

・学年主任の働き方
・ブログのお知らせ
・最新の教育情報にもリアルタイムで発信
・何気ない、けど面白いツイートも…
ロア子
ロア子

ブログとはまた違った発信が楽しめるかも!

ババロア
ババロア

Twitterのフォローお待ちしております!