教育オンラインサロン「教育アップデート研究所」

学級通信を配るだけではダメ!学級通信を活用した学級経営を紹介

色鉛筆学級経営
スポンサーリンク

 

こんにちは、ババロアです!

「学級通信を書いたけど、なかなか子どもに伝わらない」と悩んでいませんか?学級通信の最大限発揮するには、子どもの感覚を刺激しまくりましょう!

 

みなさんは「学級通信」を書いたあと、通信の内容をどのように伝えていますか?

 

とりあえず配って終わり!!!あとは各自読んでおいてね!!

 

上記のように通信を配って終わりになっていませんか?

それでは、せっかく魂込めて通信がもったいない!!

学級通信を配布するときに「子どもたちの感覚を刺激する」ことで担任の思いが伝わりやすくなります。

本記事では「学級通信で子どもたちの感覚を刺激する方法」を深掘りし、学級通信を活用した学級経営術をご紹介します。

学級通信のタイトルの決め方からネタ探しのポイントを紹介
学級通信を年間100号発行していた教員による、学級通信を書く際のポイントを解説。タイトルの決め方が分からない、ネタ探しに困っている、という先生方はぜひ参考にして下さい。

学級通信を配るだけではもったいない!子どもの感覚を刺激しましょう

おしゃれな筆記用具

 

「学級通信を書いたものの、配布して終わり」ではもったいない!子どもの感覚を刺激すれば、思いは伝わります。

 

学級担任の思いを伝えるために、学級通信を発行している先生が多いと思います。

しかし、「子どもたちに伝わっているな~」と感じることって意外と少ないですよね。

学級通信を書く→学級通信を子どもに配る

上記のような流れで終わってしまっていると、担任の思いは伝わりにくくなってしまいます。

学級通信を配るときに、子どもの感覚を刺激することで「担任の思い」がとっても伝わりやすくなります!

「担任の言葉」が子どもの感覚を刺激する

 

「担任の言葉」で伝えることで、子どもの心が動きます!

 

感覚を刺激するポイントは「担任の言葉」です。

あなただけの言葉で、語りかけるように通信を書きましょう。

 

学級通信なんだから、正しい文法で書かないとダメでしょー!

 

上記のように考える人もいますが、それは間違いです!

たしかに、ある程度の文章のルールは守らなければなりませんが、大きくこだわる必要はありません。

文法が正しいからといって、伝わりやすい文章とは言えません!むしろ語りかけるように書くのが大切!

「担任の言葉」で学級通信を通して、しっかりと語りかけてみましょう。

目と耳を刺激して、思いを伝えましょう

 

文字で伝えて、耳からもインプットさせることで、子どもの心が動きます!

 

語りかける学級通信を書くことで「担任の思い」は伝わりやすくなりますが、それだけでは学級通信の力を発揮しきれていません

次のポイントは「耳を刺激する」ことです。

 

学級通信を配って終わるだけでは、「耳を刺激する」ことはできません。

先ほどの「よくある学級通信の流れ」を再度確認します。

学級通信を書く→学級通信を子どもに配る

ここで考えられる子どもの行動は「文字を読む」だけになります。

学級通信を読まずにカバンになおしてしまう子どももいますよね…

ここで「耳によるインプット」を追加してみましょう。

学級通信を書く→学級通信を子どもに配る→学級通信を担任の言葉で読む

このように「学級通信の内容を読む」ことで、子どもは学級通信の内容を理解しようとします。

「目で文字を追って、耳で内容を理解する」という目と耳で学級通信を味わうことができるのです!

もちろん、学級通信がカバンに直行することも少なくなります!

伝わりやすい文章を書くための参考書籍

「伝わりやすい文章」のテクニックは身に着けることができます!

「伝えるための文章を書くのが苦手」という方は参考書籍を読んでいただけると、そのテクニックが理解できます。

学級掲示で振り返りができるように

本棚

 

学級通信がバックナンバーとなり、クラスの成長をいつでも見ることができます!

 

子どもたちに配布したあと、学級の掲示物として上に上に貼っていくことをオススメします。

学級掲示として貼るメリットをまとめました。

・いつでも学級を振り返ることができる
・他クラスの子どもも読むことができる
・参観等の行事で保護者にも読んでもらえる
・最後の学活でプレゼントできる

上記のよう理由から学級掲示をおすすめします。

 

年度ラストの学活で、自分の書いてきた通信が争奪戦になると嬉しいんですよねー(笑)

 

学級通信をまとめた文集を作ってあげると、子どもたちの良き思い出になったりもします!

ただ、かなりの労力を費やすので注意してください(笑)

学級通信を活用して、素敵な学級経営をめざしてください

青年たちが主張

それでは学級通信の活用法をまとめます!

・学級通信は配るだけで終わらせない
・文字で伝えて、耳で感じさせるのが大切
・学級掲示としてフル活用しましょう

 

「学級通信を書きたい」と感じたときが、学級通信を書くタイミングです!

本記事を読んでワクワクを感じたなら、さっそく学級通信にとりかかりましょう!

伝え方の技術だけでは相手に伝わらない!「伝える力」を高める思考法
伝え方の技術だけでは、話の本質は伝わりません。話の本質を伝えるためには、自分の価値を高め、自分をマーケティングすることが大切です。自分を知り、自分を売り込むことで、人はあなたの話に耳を傾けます。
学級通信のタイトルの決め方からネタ探しのポイントを紹介
学級通信を年間100号発行していた教員による、学級通信を書く際のポイントを解説。タイトルの決め方が分からない、ネタ探しに困っている、という先生方はぜひ参考にして下さい。

コメント