教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

「覚えていること」より「忘れていること」が大切!暗記が苦手な人必見のコツをお教えします。

f:id:nakahiyo:20190623175821j:plain

こんにちは、  ババロアです。暗記が苦手な人は「覚えるためのテクニック」を知らないだけです。暗記するためのコツを理解することで、「覚えること」が楽になりますよ!!

 

もっとも多い勉強の悩みといえば「暗記」です。

何度書いても書いても覚えられない・・・。

大切な部分は分かるものの、何度読んでも覚えられない。

 このような悩みはありませんか?

 

私自身も暗記が超苦手で、覚えたい単語を指が痛くなるくらいノートに書いたりしていました。

 

しかし、これって実はあまり意味がない(根拠がない)暗記の方法なんです。

私自身も、暗記のコツを理解してから、暗記するのが楽になりました!!「暗記のコツを早く知りたかった」とうのが正直の感想ですが。

 

本記事では「覚えるためのテクニック」を中心に、効率よく暗記する方法を紹介していきたいと思います。

 

 

「暗記が苦手」と悲しむ必要はありません

f:id:nakahiyo:20190623175921j:plain

暗記が苦手だからと悲観的になる人もいますが、気にする必要はありません。ほぼ全員が暗記するのが苦手です。

「暗記できない」と思い悩んでいる人は少なくありませんが、自分の記憶力に失望しないでください!

 

一部の人を除いて、ほぼ全員暗記するのが苦手です!!

 

本当に?周りには暗記が得意な人がたくさんいるよ~!

上のような声も聞こえてきそうですが、暗記が得意な人は「暗記のコツ」を知っているから得意なのであって、生まれながらに暗記する才能があるわけではありません(一部天才もいますが)。

 

「人間は暗記が苦手」と科学的に証明されていた

人間の脳は「忘れる」のが得意なように作られています!暗記が苦手なのは当然です!

人間の脳みそは「忘れる」ように作られています。

 

だからこそ、「私ってなんでこんなに暗記できないんだろう」と悩みを持つのはナンセンスです。

「暗記できない理由=脳みその構造」なので、気にしても仕方ありません。

 

エビングハウスの忘却曲線という言葉を知っていますか?

忘却曲線とは、人間がどれくらい忘れていくのかを数値化したものです。

 

研究結果を簡単にまとめました。

人間は記憶したものを、

・20分後には42%忘れている

・1日後には67%忘れている

・6日後には75%忘れている

詳しい研究結果は≫暗記が苦手は当たり前!エビングハウスの忘却曲線から理解すべきこと をご覧ください。

 

上記の結果から分かるように「人間は忘れる生き物」なんです。

 

「忘れてしまって当然」と割り切って考え、どのようにすれば「忘れにくくなるのか」をしっかりと考えていきましょう。

 

 

暗記のコツをマスターして効率よく暗記しましょう

f:id:nakahiyo:20190623175931j:plain

忘れてしまう脳みそと上手く付き合っていく方法こそが、暗記のコツです!!

忘れやすい脳を持っている人間が、どのようにすれば記憶力を高めることができるのでしょうか。

忘れやすいんだったら、暗記することは諦めよう・・・。

上記のように悲観する必要はありません。

脳のメカニズムを理解した上で暗記に大切なことは、「忘れてしまったこと」に意識を置くことです。

 

つまり、「なんだったっけな~」から「そうだそうだ!それだ!」という繰り返しが大切なんです!!

顔は知ってるけど名前は忘れてしまった人でも、1度名前を「思い出す」ことができれば記憶に残るよね!

このように、思い出す作業を繰り返すことで、人間の記憶に定着していくのです。

 

上記の内容から「暗記するためのコツ」をまとめます。

1. 暗記したい内容を覚える

2. 1で覚えた内容を忘れた段階で「思い出す」作業

3. 2で思い出したことを忘れてしまったら、再度「思い出す」作業

4. 2~3の繰り返し…

上記のように「忘れる→思い出す」を繰り返すことで、長期記憶へと変わっていくのです。

 

「暗記のコツ」を応用した暗記勉強法を紹介

f:id:nakahiyo:20190603134152j:plain

先ほど紹介した「暗記のコツ」を応用した勉強法を実践してみましょう!

暗記をするのに最も大切な「思い出す作業」を取り入れた勉強法については、下記のページで詳しく紹介しています。

 

「暗記のコツ」を取り入れた勉強法

www.babaloa.work

「暗記のコツ」を最大限取り入れた勉強法を所為迂回しています。ぜひ実践してください!!

 

上記のページで紹介している3つの勉強法を実践することで、効率よく暗記することが可能になります。

「その日に勉強したことを、家族や友だちに3分でまとめて話す」というのも効果的です!!話を聞いてくれた人にお礼を忘れずに(笑)

どうしても机に向かいたくない時、上記のような方法で記憶に定着させることもできます。

 

「3分間でまとめる」というのがポイントで、話を要約するには「内容を思い出す作業」が伴ってくるため、話しているうちに自然と暗記できています。

 

暗記のコツを理解したら、すぐにでも実践していきましょう

f:id:nakahiyo:20190518190718j:plain

それでは今日の内容をまとめます!!もう一度確認(思い出して)暗記のコツを自分のものに!!

・人間は忘れていく生き物

→1日経ったら67%のことを忘れている

 

・忘れることよりも「思い出す」ことに意識を置く

→「思い出す」ことで長期記憶として残っていく

本記事で紹介した「暗記のコツ」もしっかりと思い出して、自分の財産にしてくださいね!!