悪気がなくても学級は崩壊します!学級崩壊の原因を探りましょう

授業の様子学級経営
スポンサーリンク

こんにちは、ババロアです!

だれか1人のせいで学級が崩壊することはありません!さまざまな原因が重なることで、学級は崩壊します!

学級崩壊の原因を「これ!」と1つに絞ることはかなり難しく、さまざまな原因が考えられます。

また、「学級を崩壊させよう」と思っていなくても、悪い雰囲気からズルズルと学級崩壊がすすんでしまうのも特徴です。

 

しかし、クラスを良くしていくためには原因を探っていくことが不可欠です。

本記事を読んで「学級崩壊の原因」を探り、クラスを良くしていくための参考にしてください。

 

学級崩壊を引き起こしやすい先生の特徴【学級を崩壊させないために】
学級崩壊を引き起こしやすい先生の特徴を知っていますか?学級が崩壊しやすい先生の特徴を知り、ステキな学級づくりをすすめていきましょう。特徴を知った上で、学級づくりの具体的な取り組みも紹介しています。
教育困難校を立て直しました!学級崩壊の対策を立ててステキな学級に
学級崩壊が起こってしまうと、だれも幸せになる人はいません。教育困難校を立て直した経験をもとに、学級崩壊の対策の立て方から、立て直し方を紹介します。一人で悩まず、ステキな学級づくりをしていきましょう。

 

スポンサーリンク

学級崩壊の原因を探ることが大切です

スマホでプロジェクト

学級や学校の現状を考えながら、学級崩壊の原因を探りましょう!

学級崩壊は「子ども」「保護者」「教員」「地域」のだれも幸せになりません。

自分のクラスを見て、原因を探りながら、クラスを良い方向にすすめていきましょう!

 

学級の子どもたちの雰囲気

「学級の子どもたちの雰囲気」はどうですか?

・授業中に、何をしてもOKな雰囲気がある
・友だちや教員に暴言を吐いたり、思ったことをすぐ口にする
・嫌がらせをするのがおもしろい、と感じている子どもが多い

上記のような状況が1つでもあれば、学級崩壊の原因となります。

これくらいやっても大丈夫なんだ!!

悪い雰囲気を早めに断ち切る手立てをしていかないと、子どもたちのリミットは外れていってしまいます。

「これくらいだったら…。」が学級崩壊にエスカレートしていかないように、子どもたちの雰囲気にアンテナを張っておきましょう。

 

子どもたちの関わり方に迷ったら、下記の記事を参考にして下さい。関わり方をすこし変えるだけで、子どもたちが大きく変わるきっかけとなるかもしれません。

 

関係を持ち続けることが大切!暴言を吐く子供との関わり方
暴言を吐く子供と関わるのってしんどいですよね。私も教員時代、数々の暴言を吐かれてきました。そのような子どもと関わるときには「愛情」が最も大切です。ヘルプサインを見逃さず、関係を持ち続けて、愛情を伝えてあげてください。
子どもが話を聞かないのは話し手の問題【最小限のボリュームでOK】
子どもが話を聞かないのを、すべて子どものせいにしていませんか?話し方の意識1つで、子どもたちの聞く姿勢も大きく変化します。本記事では「話を聞かない子ども」に対して何かを伝えたいときに意識すべきことを解説しています。
自己開示で信頼関係を構築!ステキな関係を作る自己開示とは
「日本人は自己開示が苦手」と言われていますが、ステキな人間関係を築くために自己開示は効果的です。きちんとした自己開示の方法を知り、信頼関係を構築していきましょう。本記事では「ステキな関係を作る自己開示とは」というテーマを深掘りします。

 

学級に関わる先生たち

先生たちの関わり方は、学級に大きく影響を与えます。

・忙しさのあまり、いつもピリピリしている
・高圧的に子どもを管理しようとしている
・先生の中で上下関係がはっきりしている
・先生によって温度差がありすぎる

子どもたちは、先生のことをよく見ています。

「先生たちは何も見てくれない」と感じさせてしまったり、「この先生は他の先生より下なんだ」と思ったら一気に子どもの態度は変わるのです。

 

1人でも信頼関係を失ってしまうと、他の子どもに伝染していきます。

また、保護者も悪い印象を持ってしまい、協力を得るのは難しくなっていくでしょう。そして、子どもと保護者から信頼を得られなくなった先生のクラスは、学級崩壊につながってしまいます。

だからこそ、学級に関わる先生たちは少しの余白を持ちながら、明るく楽しく仕事をしていくことが大切です。

業務が忙しすぎて、余裕なんてないよ!!無茶言わないで!!

上記のように感じてしまうのも当然です。

先生って、一生懸命仕事をしても追いつかないほどの仕事量をこなしています。だからこそ、自分自身で余白を生み出していかなければなりません!

「本当に必要な仕事なのか?」「業務の効率化をしていけないのか?」この辺を考えながら、自分で余白を作り出していきましょう。

 

教員の働き方改革は学校だけではできない!「外部の力」を借りた教員の働き方改革を実践しましょう
教員の働き方改革がなかなか進まないと感じませんか。学校の働き方をアップデートするのは学校ではなく「外部」です。本記事では「外部の力」を意識して教員の働き方改革をすすめる方法について深掘りしています。

 

学校全体の雰囲気

学校全体の雰囲気は暗いものとなっていませんか?

・子どもたち発信で物事が進まない
・教員の前向きな取り組みに、他の教員が否定的

子どもにしても、教員にしても、前向きな取り組みは学校を明るくしていきます。

上記のような学校の状態であれば、学校全体が悪い雰囲気になってしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

現状を受け止め、取り組みをすすめるべき

メモアイディア

学級崩壊の原因にピンときたら、取り組みをすすめていきましょう!!改善が見えなくても、アプローチしていくのが重要!!

学級崩壊の原因は1つではありません。

原因が特定しにくいからこそ、学年や学校全体で議論し、さまざまな取り組みをすすめていきましょう。

 

子どもたちを前向きな姿勢にしていく

子どもたちの雰囲気を明るいものにしていくことが大切です。

・子どもたち発信の取り組みを後押しする
・二者懇談を積極的に取り入れ、個人の声を吸い上げる
・学級委員や班長を集めて、クラスの現状を定期的に話し合う

上記のような取り組みを行い、子どもたちの前向きパワーを生かしていきましょう。

子どもたちに任せたら不安なんだ!!

このような考えを持つ先生もいますが、取り組みは上手くいかなくても全然OKです。

というより、上手くいかない方が学級に活きていきます。

 

「うまくいかないな~。」「こうしてみたらどう!?」と子ども同士、そして先生も一緒に頭を抱えることで、信頼関係は生まれてきます。

 

「成功の反対は失敗」ではなく「成功の反対は何もしない」ことです。

失敗を恐れず、子どもたちに任せてみてはどうでしょうか?

きっと学級崩壊とは程遠い雰囲気づくりができますよ!!

自己開示で信頼関係を構築!ステキな関係を作る自己開示とは
「日本人は自己開示が苦手」と言われていますが、ステキな人間関係を築くために自己開示は効果的です。きちんとした自己開示の方法を知り、信頼関係を構築していきましょう。本記事では「ステキな関係を作る自己開示とは」というテーマを深掘りします。

 

先生のアプローチを変えてみる

学級崩壊を防ぐ(改善していく)には、先生の努力は必ず必要です。

・効率の良い働き方を学び、子どもとの関わりを増やす
・学級経営の引き出しを増やし、ステキな学級をデザインする
・小さなことに気を配り、子どもとの関わり方を変えていく

学級崩壊の原因を「子ども」だけのせいにしてはいけません。

先生方にも原因は考えられるし、やはり改善してかなければならないことがあります。

 

しかし、とてつもなく大きなことをする必要はありません。

声のトーンを変えてみたり、いつも気にしていなかったことに気を配ったり….
いきなり大きなことをする必要はありません!!

まずは少しだけ変化を取り入れてみましょう。

すこしだけ先生が変わるだけで、「こんなことで落ち着くんだ!!」と実感することができます。

 

学級崩壊の原因を探りながら、自分なりに、自分のできることから変化や取り組みをすすめていってくださいね!!

どうも、ババロアでした!

 

学級崩壊を引き起こしやすい先生の特徴【学級を崩壊させないために】
学級崩壊を引き起こしやすい先生の特徴を知っていますか?学級が崩壊しやすい先生の特徴を知り、ステキな学級づくりをすすめていきましょう。特徴を知った上で、学級づくりの具体的な取り組みも紹介しています。
教育困難校を立て直しました!学級崩壊の対策を立ててステキな学級に
学級崩壊が起こってしまうと、だれも幸せになる人はいません。教育困難校を立て直した経験をもとに、学級崩壊の対策の立て方から、立て直し方を紹介します。一人で悩まず、ステキな学級づくりをしていきましょう。

コメント