学級経営で大切なことはコレ!学級づくりは基本が大切

教育

こんにちは、ババロアです!塾講師・教員歴10年以上。特別支援学級担任から学年主任まで、さまざまなポジションを経験してきました。

ババロア
ババロア

学級担任を受けもつと、学級経営で悩むことが多々あります。

・学級経営ってどうすればいいかわからない
・学級経営が上手な先生がいるけど、どんなことを大切にしているの?

学級担任の経験が長くなってくると、感覚的に学級経営ができる先生もいますが、いつまで経っても学級経営は不安に感じるものです。

 

本記事では学級経営で大切な基本を紹介します。

本記事を参考に学級経営をすると、子供も担任も安心して学級生活を送ることが可能になります。明日から実践できるものもあるので、ぜひ実践しはじめてください。

 

学級経営で大切なこと!学級づくりは基本が大切

学級経営で大切なことは、学級経営の基本を大切にすることです。

毎日忙しい中、基本をついつい忘れてしまいがちに。

基本を忘れて雑な学級経営になると、クラスの雰囲気が悪くなっていきます。

 

忘れてはいけない、良いクラス運営をするための「基本」を紹介します。

自分の働いている姿をイメージしながら読み進めてください。

 

わかりやすい授業を目指す

学校教員の役割は「教えること」が土台にあります。

・教科を教える
・人として大切なことを教える
・社会のルールを教える

上記のように、教えることはさまざまです。

そして、学校生活の中で一番大切にしなければならないのは毎日の授業

 

子供たちが学校で過ごす時間の、一番大きな割合を占めるのが授業ですので、授業を大切にするのが基本中の基本。

 

授業がわかりにくい教員は、

・子供から不信感を抱かれてしまう
・担任として「頼りなさ」を感じられてしまう

といった、担任として大きなマイナスになってしまいます。

ステキな学級経営を目指すなら、まずはわかりやすい授業を目指していきましょう。

授業がうまい先生は何を意識している?授業がわかりやすい先生の特徴
「一生懸命、教材研究をしているのに一向に授業が上手くならない」「何度授業をしても、子どもの理解が進まない」という悩みを持っている方はいませんか?わかりやすい授業をする先生には「間を意識している」という特徴があります。「間」を意識して、わかりやすい授業を展開しましょう。

 

子供たちと価値観を共有する

同じ教室で過ごす一員として、担任と子供たちの価値観を共有するのが大切です。

・クラスの中で大切にして欲しいこと
・担任としての思い

これらを、しっかりと伝えることは、学級経営でとても大切なこと。

特に以下の3つの場面で、意識して伝えています。

 

学級びらき

年度はじめの学級びらき、担任としての学級に対する思いを伝えていきます。

・子供と担任の間で意識すること
・子供同士の中で意識すること
・クラスで大切にしたいこと
・クラスのルール

をしっかりと伝え、クラスの中で大切にしたい価値観を共有します。

子供たちの行動の基準となるので、丁寧に伝えるのがポイント。

 

朝の会や終わりの会

毎日の「朝の会や終わりの会」も大切な時間です。

約10分ほどの短い時間ですが、学級経営に大きな影響を与えます。

・クラスで大切にしたいことを、定期的に伝える
・クラスの様子を客観的に伝える
・担任からクラスへのフィードバックの時間にする

毎日行われることを生かして、学級経営の大きな武器にすることができます。

短い時間を活用した学級経営!朝の会や終わりの会におすすめのネタ
朝の会や終わりの会を有効活用していますか?短い時間と言えど、きちんとしたネタ作りをすることでステキな学級づくりができます。本記事では朝の会と終わりの会に生かせるネタを紹介しています。

 

学級通信

学級通信は価値観を共有するのに最適です。

ババロア
ババロア

私も年間100号ちかく発行します。

学級通信のメリットは、

・担任の思いや価値観を共有できる
・文字に残すことで、相手に伝わりやすい
・アウトプットすることで、自分自身の整理につながる

主に3つのメリットがあります。

学級通信を通してコミュニケーションを図ることで、学級経営がめちゃくちゃ楽になります。

効果的な学級通信の作り方を参考に、学級経営の武器として活用してください。

学級経営が楽になる学級通信!ステキな学級通信の作り方
学級通信を年間100号発行していた教員が「学級通信」のポイントを解説。タイトルの決め方が分からない、ネタ探しに困っている、という先生方はぜひ参考にして下さい。学級経営が間違いなくうまくいきます。

 

学級文庫もオススメ

担任がいなくても価値観を共有できるのが「学級文庫」です。

クラスとして大切にしたい考え方や生活の仕方が書かれた本を置いておくことで、その本を読んだ子供は影響を受けます。

 

特に絵本は視覚的にも影響を与えてくれるので、超おすすめです。

絵本に限らず、本は価値観を共有するには優秀なツールです。

担任として伝えたいことを、本に伝えてもらいましょう!

»学級文庫はなぜあるの?学級図書がクラスを活性化させる

 

子供と担任の関係性をじっくりと作る

担任とクラスの価値観が共有できたら、関係性を作っていく必要があります。

ババロア
ババロア

元気だね!嬉しいことでもあったの?

ロア子
ロア子

そうなんだ!実はね…

と、積極的に子供と関わりを持つことで関係が深まっていきます。

人間は、何度も会話をして、頻繁に関わりを持つことで、信頼するようになる生き物です。

クラスの子供と進んで交流し、関係を築いていきましょう。

 

学級に違和感を覚えたら

学級経営の実践をいくら重ねても、学級に違和感を感じる時があります。

どれだけ担任経験を積んでも、学級経営に不安はつきものです。特にクラスの雰囲気や人間関係が安定するまでは、毎日こわかったりします。

もし、学級に違和感を覚えたら、それは学級がうまくいかない予兆かもしれません。

違和感をそのままにせず、学級経営の基本に立ち返ることが大切です。

 

特に、

・子供たちの言葉づかい
・教室の環境チェック
・授業中の様子
・休み時間の様子

このへんを注意して見てみると、学級の様子がわかります。

»傷つけるつもりはない!「友達に暴言を吐く子供」との向き合い方

 

学級が崩壊してしまうと、立て直しにはかなりの時間と労力が必要になります。

ババロア
ババロア

何年経っても、学級崩壊は怖い!

学級を見ているのは、担任だけではありません。

他の先生に客観的な意見を聞きながら、学級を良い方向に導いていきましょう!

»学級崩壊の原因はこれ!学級崩壊を引き起こす3つの引き金

 

「学級経営で大切なこと」を定期的にチェック

本記事で紹介した「学級経営で大切なこと」は、短期的にできるものではありません。

数週間または数ヶ月という中長期の目線で行うことが大切です。

 

担任として、楽しいこともあれば苦しいこともあるでしょう。

定期的に本記事を通して学級経営を見直し、自分らしい学級経営を楽しんでください。

Twitterでも情報発信中!

ババロア
ババロア

Twitterでも、
先生を応援する情報発信中!

・学年主任の働き方
・ブログのお知らせ
・最新の教育情報にもリアルタイムで発信
・何気ない、けど面白いツイートも…
ロア子
ロア子

ブログとはまた違った発信が楽しめるかも!

ババロア
ババロア

Twitterのフォローお待ちしております!