教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

インクルーシブ教育実践編 合理的配慮で安心感のある教室に【子どもの安心感を作り出そう】

f:id:nakahiyo:20190406173101j:plain



インクルーシブ教育を進める上で、「合理的配慮」という言葉はよく聞くけど、実際にはどうすればいいの?特別支援学級に入っている生徒がいなくても配慮は必要なの?

 

「インクルーシブ教育」「合理的配慮」という言葉を最近よく耳にすると思います。

 

”障がいの有無に関わらず、みんなが共に学ぶ” を目標にする「インクルーシブ教育」ですが、実際にどのようなことができるのかを知っていますか。

 

私は学級の中に特別支援学級の生徒が在籍している場合はもちろんのこと、在籍していない場合でもインクルーシブ化を行う必要があると考えています。

 

今回は「学級でできるインクルーシブ教育とその効果」について考えていきたいと思います!

 

 

インクルーシブ教育について

f:id:nakahiyo:20190331131436j:plain

「障がいの有無に関わらず、みんなが共に生きる社会の形成」を目指して行われるのがインクルーシブ教育です。

 

※インクルーシブ教育システムについて詳しくは【特別支援】インクルーシブ教育入門【誰も排除されない社会の実現】 - べんブロをご覧ください!

 

これまでの社会は、障がいのある人を想定して作られてきたものとは言い難いものがあります。

つまり、障がい者の参加が難しい社会づくりが進んでいたと言えるのです。。

 

その理由は多々ありますが、学校教育もその大きな理由の一つです。 

またその一方、学校教育が変われば社会のインクルーシブ化が一気に進むと考えられます。

 

これまでの特別支援教育

 まずは、今まで日本で行われてきた特別支援教育について知っておきましょう。

 

以前は「特別支援教育」ではなく「特殊教育」と呼ばれていました。この「特殊」という言葉からも差別意識が読み取れます。

 

「支援をする」のではなく、「特殊な教育」を行っていました。

 

障がいの特性に合わせた特殊な教育を行うことで、障がいのある人の自立を目指していたのです。

 

しかし、このように「特殊教育」を行うことにより障がい者は友だちのいる学級に入ることができず、結果として地域の人たちと関りがすくなくなっていったのです。

 

地域の人や友だちと交流が少なくなると、「障がいで困っている人がいる」という意識が希薄になってしまい、障がい者に配慮した社会づくりは実現しません。

 

「これではダメだ!」という声から導入されたのが「インクルーシブ教育システム」です。

「共に学ぶ」とはどういうことなのか、特に障がいの無い人が考えていく必要があるのです

 

 

合理的配慮とは

f:id:nakahiyo:20190331132722j:plain

インクルーシブ教育を学ぶ中で「合理的配慮」という言葉が必ずと言っていいほどでてきます。

 

この「合理的配慮」を難しく考えてしまい、「結局何をしていいか分からなくなる」ことが多くありますが、難しく考える必要はありません!!

 

合理的配慮=「障がいが原因で困っていることを知り、その困りごとを助けてあげる」

 

これだけです!

 

・「障がい」があることによってどんな困り感を抱えているのか。

・どんな配慮をすれば、障がいのない人と同じように参加できるのか。

 

 

この2点をしっかりと考え、配慮してあげることで共生社会は実現します。

 

間違えないでほしいことは、

 

「障がい者が障がいを克服する」のではなく、「環境(会社や学級などの社会)を作る側が障がいを考慮する」ことが大切だということです!

 

これこそが、「合理的配慮」であり「インクルーシブな社会の形成」です。

 

インクルーシブ教育の必要性

特別支援学級の生徒がいなくても、インクルーシブ化を目指すべきです!!

 

インクルーシブ教育は特別支援学級の子どもだけに向けたものではありません。

 

そもそも特別支援学級に入っていなければ、社会に「困り感」を抱えることはないのでしょうか。

 

そんなことはありません。特別支援学級以外の子どもも苦手なことやしたくても出来ないことは多々あります。

 

その困り感を見逃さず、しっかりとアプローチすることこそが合理的配慮であり、子どもの安心感となるのです。

 

インクルーシブ教育の具体的な取り組み・実践

インクルーシブ教育の大切さは分かってもらえましたか?ここでは実際に学級等でできるインクルーシブ化をご紹介します!ぜひ取り入れてみてください! 

勉強の理解が遅い子どもへの配慮

勉強の理解が遅い子どもや、自閉症等で同じ進度で授業が進められない子どもへの配慮として別室指導がよく挙げられます。しかし、これでは「共に学ぶ」ことは達成できていません。ではどうするか。。。

 

先生と一緒に「学級に入る」のです。

 

別室で勉強するのではなく、1日の半分でも学級に入り、先生の支援の下で同じ教室で勉強させてあげてください。

 

同じ学級にいながら、取り組む課題を変えてあげるのも良いかもしれません。

 

このような提案をすると、「ほかの子どもの勉強の邪魔になる」と言われる方もいますが、そのような考えでは「インクルーシブ化」は実現できません

 

そして、大人が心配する以上に周りの子どもたちは受け入れてくれます。

 

特別支援学級の子どもにとっても、それ以外の子どもにとっても、共に過ごす時間を多く作ってあげることが最も大切なことなのです。

 

整理や使い分けが苦手な子どもへの配慮

整理や使い分けが苦手な子どもは多くいます(そういうババロアもめっちゃくちゃ苦手です。)

 

たとえば、教室にある「雑巾」。

 

水ぶき用・からぶき用・机をふく用に分けて管理しても、結局のところ直す場所が分からなくてぐちゃぐちゃになったりします。

 

整理が得意な子どもは直す場所やルールを理解しているので問題ないのですが、そうでない子どもたちにとっては苦痛でしかありません。

 

このような整理や使い分けが苦手な子どもへの配慮は、を使うことが有効です。

 

f:id:nakahiyo:20190331124644j:plain

上のイラストのように、いくつかの色に分かれた洗濯ばさみを用意します。

 

この洗濯ばさみを使って、水ぶき用=青からぶき用=赤机ふき用=緑・・・と分けて挟んでおくと、ルールが分からずに整理できない子どもも理解しやすくなります。

 

【特別支援】インクルーシブ教育入門【誰も排除されない社会の実現】 - べんブロで紹介している「ゴミ箱の分別」も色を使ったインクルーシブ化ですね!

 

見通しのある授業づくり

環境だけでなく、授業をユニバーサルデザイン化することも大切です。

 

授業のユニバーサルデザイン化の手法は様々ですが、私は「視覚化」が最も大切な要素だと考えています。

 

授業展開を視覚化することで、「今何をしているのか分からない」「次は何をするんだろう」という不安を取り除くことで安心して授業を受けることが可能です。

 

f:id:nakahiyo:20190331130452p:plain



授業開始時に、授業展開を黒板のオレンジの部分に掲示または板書しておきます。

 

授業の内容を事前に知らせ、現在の活動内容を理解させることで子どもの不安を取り除き、安心して授業を受けることが可能です。

 

【英語の場合】

①帯活動の名前

②文法内容

③教科書 ~ページ

④振り返り

 

 

このように掲示しておくことで、見通しのある授業づくりができますね!

 

まとめ

今回はインクルーシブ教育の実践例をいくつか紹介しました。

合理的配慮という言葉を聞くと難しそうに感じますが、全ては「子どもの困り感を解消する」ための支援ということが分かります。

安心感のある、みんなが参加できる学校づくりを目指してインクルーシブ化を目指していきましょう!

 

関連記事

www.babaloa.work