教員と英語学習者のためのブログ べんブロ

当ブログ(べんブロ)では、元英語教員のババロアが「学校」「塾」「英語」を中心とした記事をアップしています。学校や塾では教えられない”暗記しない英語”をテーマに、英語学習者にとってタメになる記事多数。また、現役教員や教員を目指す方(教員採用試験)向けの記事も掲載しています。

学校教員の仕事を徹底解説ー元教育ババロアの経歴から【どうすればなれるの?一日の流れは?】

f:id:nakahiyo:20190406171834j:plain



 

学習塾の教室長を経て学校教員になったババロアです。今回はババロアが学校教員になったきっかけと、その働き方について詳しくご説明します!

 

 ババロアは、学習塾教室長になった後に学校教員になりました。

※塾講師時代については【働き方】ババロアの経歴を通して塾講師の働き方を解説【仕事】 - べんブロをお読みください。

 

この記事では「ババロアが学校教員になったきっかけ」「学校教員の働き方」についてみていきたいと思います。

 

この記事について
・ババロアの学校教師時代の働き方について知ることができます。
・学校教員の一日を知ることができます。

 

 

塾講師から学校教員へ

f:id:nakahiyo:20190406144456j:plain

大学卒業後、ババロアは塾講師になり最終的には教室長になりました。

※詳しくは【働き方】ババロアの経歴を通して塾講師の働き方を解説【仕事】 - べんブロをお読みください。

 

どっぷりと英語教育にハマっていましたが、教室長に昇進した時を境に授業の第一線から離れていくこととなります。

 

教室長は「授業よりも営業が大切」という会社の方針でした。

 

営業は営業でやりがいもあり楽しかったのですが、やはり子どもたちに英語を教えることに生きがいを感じていたため、転職を考え始めます。

 

そして目指したのが「学校教員」!!

 

学習塾に来る子供たちは、やはり経済的に余裕のある子どもたちだけです。

しかし、学校であれば様々な環境の子どもが通っています。

 

そのような子どもたちにも、「塾講師時代のノウハウを生かして英語教育をしていきたい!」と思うようになり学校教員を目指すことになりました。

 

学校教員になるために

塾講師をしながら、学校の先生になるための転職活動を始めました。

転職活動といっても、その年の教員採用試験はもう終わっていました。

 

どうすればいいのか分からなかった私はというと、、、

 

とりあえず教育委員会に突撃します!!(笑)

 

「仕事をください!!!」と訪問して行ったのです。

 

すると、担当の方から「たまたま昨日から講師の募集が出ているよ!」

と嬉しいお言葉をいただき、奇跡的に速攻で転職活動が終了し、晴れて学校教員になることができました。

 

学校教員での経歴

晴れて学校教員になったババロア。学校現場で多くの良き同僚と出会い、たくさん勉強させていただきました。

 

学校教員概略

(1年目)常勤講師 特別支援学級担任

インクルーシブ教育を推進するために猛勉強。支援学級の子どもたちから私の宝とる経験をさせてもらいました。

 

(2年目)常勤講師 特別支援学級担任 2県の教員採用試験合格

 インクルーシブ教育と外国語教育を武器に教員採用試験一発合格!!特別支援学級の生徒を送り出しました、

 

(3年目~7年目)教諭 学級担任

教員時代で最高の時間を過ごしました。やはり学級担任にしか見られない世界は素晴らしいものです、

 

(8年目~10年目)教諭 学年主任

学年主任として、様々な生徒や先生と学年を作っていきました、学級担任とはまた違った視点で子どもたちと関わり続けました、

 

(現在)教育ブロガー

塾講師&学校教員の経験を生かして、新しい立場で教育に関わっていきたいと思いブロガーになることを決意。現在絶賛活動中!!

 

常勤講師から始まり、最後は学年主任を担当させていただきました。

常勤講師として採用していただき翌年には教員採用試験に合格したため、任用が切れることなく教員として働くことができました。

 

ちなみに、教員の雇用形態は大きく分けて3つあります。

 

非常勤講師

教員採用試験に合格する必要なし。アルバイトのように給料×時間が月の給料となります。主に授業のみを担当するため、休み時間や放課後の部活指導に関わることは少ない。

 

常勤講師

教員採用試験に合格する必要なし。教諭と同じ時間帯で勤務し、仕事内容も教諭と同じになるこも多くある。責任のある役職(主任など)は教諭から選ばれることがほとんどなので、講師があることは少ないが全てがそうとは限らない。

毎月安定した給与がもらえるが、教諭と違った昇給システムのため上がり幅が小さかったり、年数による頭打ちも存在する(各自治体で要確認)。

 

教諭

教員採用試験に合格する必要がある。自治体から正式採用されているため、学校の中心として働く立場。学級担任や主任などの責任がある役職を持つことが多く、給与も安定的にもらうことができる。福利厚生も充実。

 

このように、一概に教員と言っても雇用のされ方が様々です。

とはいえ「教諭だから教員としての能力が高いとか、講師だから低い」とは一概に言えません。個人の環境(家庭のことや経済事情)によって、あえて教諭にならない先生もたくさんいます。

 

学校教員の一日

f:id:nakahiyo:20190406144442j:plain

7:30 部活朝練

8:15 朝礼

8:25 朝の会

8:50~9:40  1時間目

9:50~10:40   2時間目

10:50~11:40 3時間目

11:50~12:50 4時間目

12:50~13:50 給食指導

13:50~14:40 5時間目

14:50~15:40 6時間目

15:50~16:00 終わりの会

16:10~16:45 会議・授業準備・生徒指導等の業務

 

学校教員の1日の流れです。

 小学校では専科の先生(専門の教科のみを教える先生)や中学校では教科担任制のため、全ての時間に授業をするわけではありません。

 

学級担任になると自分の担当教科+学活・道徳・総合などの授業も担当することになります。

 

学級担任の負担は大きく、生徒指導も含めると本当に大変な仕事です(主任より忙しいかも)。しかし、学級担任こそがこの仕事の醍醐味だと私は思います。

 

「自分の思いを伝え、子どもたちの考えを聞き、共に毎日を過ごす時間」は貴重な時間で、宝物となります。

 

私自身「大変だ~」と嘆く場面も多々ありましたが、やはり最後にはすべての苦労が報われます

 

子どもたちと関われば関わるほど自分に返ってくるのがこの仕事。オーバーワークになることなく、素敵な教員生活を送ってほしいと思います。

 

まとめ

先生として学校で働くイメージは持っていただけたでしょうか。

私も学校教員として10年近く働きましたが、今でもかけがえのない思い出です。

しかし、「子どものために」だけでは働けないのがこの仕事。自分を大切にしながら(第一優先)、子どもの幸せのために働けるそんな先生であってください。

 

関連記事

 

www.babaloa.work

 

www.babaloa.work